ここから本文です

大田泰示、日本ハムに行ってよかったな【川口和久のスクリューボール】

6/29(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

清宮はどこで使う?

6月23日現在では打率.285の13本塁打

 予想どおり、交流戦でセ・リーグの勢力図が完全に変わった。独走気配があった広島が急失速で2位に落ち、巨人が1位。セで巨人以外の交流戦勝ち越しはDeNAだけだ。15年目の交流戦も、やはりパ・リーグが強い、というかセ・リーグがだらしなさ過ぎか。

 6月19日、俺は横浜スタジアムのDeNA-日本ハム戦で解説をした。日本ハムはいまパの4位だが、他チームと比べ、戦力的には小粒。今年だけの話じゃないが、栗山英樹監督のやり繰りのうまさに拍手だな。試合前に少し話したが、「大敗は切り替えればいい。接戦を落とさないことを考えています」と言っていた。2年目の清宮幸太郎については「必ず将来四番を打てる力がある」と断言していたが、一つ悩んでいたのが「守るところが少ないんです」だった。

 将来は『四番ファースト』で間違いないんだろうが、いまは中田翔がいる。栗山監督はひとまず、外野を守らせたいと思っているようだが、いまの日本ハムは外野もライト・大田泰示、センター・西川遥輝と、そろっているからね。王柏融とレフトを争うことになるのかもしれないが、清宮も多少打っても、しっかり守れなきゃポジションは取れない。

 この日は0対3の5回に代打に出て、流れを変え、逆転につながる二塁打を放ったが、その後、すぐ交代となった。守るところないからね。持っているバッティングのポテンシャルは確かに高い。もったいないと思って・・・ 本文:1,523文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/29(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る