ここから本文です

韓国「教科書無断修正で官僚逮捕」 “司法の反乱”の可能性

6/29(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 今年度から使われている韓国の小学校6年生用教科書から、韓国人にとっては誇りであるはずの経済成長「漢江の奇跡」に関する記述が消えたという“異変”が話題になった。保守政権時代の功績を見直す作業の一環と見られているが、実は、昨年度に使われた小6教科書でも、制作の過程で異常事態が起きていたことが判明した。

【写真】事件の背景を分析したジャーナリストの前川惠司氏

 朝鮮日報日本語版の記事「韓国教育部、教科書執筆者に無断で内容を大幅に修正」(6月25日付)によると、2017年9月から翌年2月にかけて行なわれた教科書の修正作業において、韓国教育部(省に相当)の教科書政策課の課長と教育研究士が、小学校教科書の執筆責任者に無断で教科書の記述を書き換え、隠蔽していたことが発覚し、「職権乱用権利行使妨害・私文書偽造教唆」などの容疑で起訴されたという。記事にはこうある。

〈執筆責任者のパク・ヨンジョ晋州教育大学教授は「政権が変わるたびに教科書を修正するようなことはできない」と拒否した。このため、A課長は同教授を作業から排除するよう実務者らに指示し、代わりにF教授が修正を担当するよう措置を取った〉

 そして、この修正が政府の指示によるものではないように装うため、教科書の編纂機関側から修正要求が出て、責任者のパク教授がその協議に参加していたかのように「協議録」を偽造し、パク教授の印鑑まで無断で捺していた。

〈A課長とB研究士は検察で、「『文在寅政権の見解に合わせて教科書が修正された』と批判されるのではという懸念があり、『出版社が判断して修正する』形を取った」と語ったという〉

 では、どのように修正されたのか。この問題を報じた朝鮮日報日本語版の別の記事「無断修正:小学生向け教科書に『慰安婦』の名称、『妊娠した慰安婦』写真を追加」(6月25日付)によると、1948年8月15日の「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に変更したり(国家ではなく政府ができただけと、李承晩の業績を矮小化した)、「北朝鮮は依然として韓半島(朝鮮半島)の平和と安保を脅かしている」という一文を削除したり、それまで使われていなかった「従軍慰安婦」という言葉を採用し、妊娠した慰安婦の写真を載せたりするなど、修正は213か所にも及んだという。

1/3ページ

最終更新:6/29(土) 8:21
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事