ここから本文です

朝と夜の筋トレ、ズバリ効果があるのはどっち?

6/30(日) 9:11配信

ライフハッカー[日本版]

自分のスケジュールにあうタイミングでトレーニングする

科学の話はちょっと脇に置いておくとして、Dircksenさんは、仕事を長時間した後だと、トレーニングの時間を捻出することもモチベーションを持つこともできない場合は、夜にトレーニングするのは難しいかもしれないと述べています。

朝トレーニングするときは、夜以上にウォームアップが大切です。午前中は循環器の機能が本調子ではなく、心拍数と血圧の数値が一日のうちで一番低くなるとDircksenさんは説明しています。

軽い有酸素運動ぐらいなら、たいして問題にはなりませんが、大がかりなトレーニングをするなら、最大の効果を得るために、必ず適切にウォームアップしてください。

重要なのは、朝昼晩のいつトレーニングするかではなくて、一貫性があることだとDircksenさんは言います。

朝だろうが夜だろうが、トレーニングを最も高い頻度でできるタイミングが、その人にとってベストなタイミングです。

要するに、その人次第ということです。朝、昼、夜のいつトレーニングをしても、それなりの利点があります。

結局のところ、トレーニングは、いつするかは重要でなく、やる気があって自分のスケジュールにあうときに行なえばいいだけです。

午前6時に起きられない人は、仕事の後にジムに行きましょう。でも、早起きするタイプなら、そろそろトレーニングの時間を朝に切り替えてみてはいかがでしょう。

Image: Pixabay

Source: Vice, HIIT, Science Daily, Runners Connect, The Journal of Strength and Conditioning research, Science Direct, JCSM

Josh Ocampo ー Lifehacker US[原文]

訳:春野ユリ

2/2ページ

最終更新:6/30(日) 9:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

  • ただ今の時間、メンテナンスの為一時的に購入履歴の表示、有料記事の購入及び表示でエラーになる事があります。エラーになった場合はしばらく時間をおいてから再度お試しください。