ここから本文です

カラテカ入江「闇営業」報道後、六本木セレクトショップでひとり買い物の余裕

6/30(日) 21:00配信

週刊女性PRIME

 “闇営業”騒動の発端となった、“元”カラテカの入江は今、どこに――。

 6月下旬、東京都下にある入江の実家を訪ねた。

「彼の姿をこの近所で見かけたことはありませんね。ご両親も息子さんについて話していなかったようなので、今回の件があるまで、ご実家があることも知りませんでした」(近所の住民)

 住宅街にある白い木造2階建ての一軒家。夕方、ベランダに干していた布団を取り込む入江の母親らしき女性に外から声をかけたが、無言のまま家に中へ。そこでインターホン越しに尋ねてみたが、

「お話しすること何もありませんので……」

 と、消え入るような声で答えるのみだった。

「入江さんは、とくにウケる持ちネタや芸人としての腕前はありませんが、豊富な人脈をウリにして、人脈作りについての書籍を執筆したり、講演会を開いたり、さらに『イリエコネクション』という個人会社まで立ち上げていました」(放送作家)

 会社が入っている西麻布のマンションの1室も訪ねてみたが、人がいる様子はナシ。

「この会社の取締役には、宮迫さんが司会を務める『行列ができる法律相談所』などの人気番組を担当するディレクターが就任していました。

 ところが、入江さんが吉本に契約解消された3日後に辞任。さらに、このディレクターは自身のSNSのプロフィールからも、ソッコーで入江さんとのつながりを削除していました」(テレビ局関係者)

 入江に手を差し伸べるどころか、去っていく先輩芸人や商売仲間たち。そんな彼らをどのような気持ちで見ているのだろうか――。

 そんな入江が目撃されたのは、6月21日。六本木ヒルズに入っている高級セレクトショップ『エストネーション』に姿を現したという。

「白いマスクをしていましたが、ショップの店員さんだけでなく、来ていたお客さんも気がついて、ちょっとザワついていましたよ。こんなに騒動になっているのに、1人でお買い物なんて、ちょっと意外でした」(見かけたOL)

 人脈が売りの芸人が起こした騒動は、さらなる広がりを見せている――。

最終更新:6/30(日) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ