ここから本文です

サガン鳥栖に未来はあるのか 降格危機からの再起を占う

6/30(日) 20:10配信 有料

フットボールチャンネル

サポーターとの対話

サガン鳥栖のフェルナンド・トーレス【写真:Getty Images】

 残留争いのさなかにスポンサーの撤退が噂され、監督が交替し、風雲急を告げているサガン鳥栖。まさに泣きっ面に蜂と言いたくなる鉄火場で、竹原稔社長はサポーターミーティングを開催。そこに指揮官職を辞したばかりのマッシモ・フィッカデンティ前監督が姿をあらわし、フロントと現場それぞれのトップから事態が語られた。いま、鳥栖では何が置きているのか。そしてこれからどうなっていくのか。県内に大企業がなく確固とした基盤を持たない地方クラブである鳥栖の現在をレポートし、近い未来を占う。(文:藤江直人 2018年11月発売『フットボール批評22』を転載) 本文:5,621文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/30(日) 20:10
フットボールチャンネル

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る