ここから本文です

みちょぱ、ゆきぽよ、“美人基準”に合うのはどっち?高須克弥院長に聞く

6/30(日) 8:47配信

女子SPA!

 最近、メディアで見ない日はないギャルタレントたち。中でも勢いがある、みちょぱこと池田美優(20)と、ゆきぽよこと木村有希(22)は、「区別がつかない」と言われるほどキャラが“かぶって”います。

 デカ目とカラーコンタクトのド派手メイクに、歯に衣着せぬギャルトーク。みちょぱはファッション誌『Popteen』のモデル出身で、ゆきぽよは『egg』のモデル出身。さらに、みちょぱの元彼は少年院行きで、ゆきぽよの元彼5人中4人が逮捕されたということまで似ています。

どちらも美人だけど、将来リスクはゆきぽよ

 何かとライバル視される2人ですが、ズバリ「美人」なのはどちら? 美容整形外科・高須クリニックの高須克弥院長に聞きました。

 高須院長の定義では、「美人とは、あくまでパーツのバランスが黄金比に近いこと」であって、魅力的かどうかとは別問題。その前提で、メイクあり写真とほぼすっぴん写真を見せて判定してもらうと――。

「確かに雰囲気は似てるね。ふたりとも、お顔のバランスは良いと思うよ。ただ、みちょぱのほうが身長が高い分、全身で見ると見栄えはいいだろうね」(高須院長、以下同)。

 公表されている身長は、みちょぱが166cm、ゆきぽよが158cm。たしかに並ぶと、みちょぱのほうが迫力はありそうです。

 現在は「どちらもバランスが良い美人」判定ですが、将来的なリスクは「ゆきぽよのほうが高い」と高須院長。

「ゆきぽよのお母さんは、スペイン人とフィリピン人のミックスでしょう。一般的に、ハーフやクォーターで目鼻立ちがはっきりしているほうが、将来は老けた感じになりやすいという法則があるんだよ。

 というのは、ハーフ顔の人が加齢で痩せてくると、頬骨が目立って頬がこけて見えたり、目が落ちくぼんで見えるわけ。日本風の平面顔だとそこまで目立たないんだけどね」

 ゆきぽよはそれほど外国風の目鼻立ちではないけれど、顔痩せには要注意ですね。

「そうだね。痩せすぎるとほうれい線も目立つようになるからね」

1/2ページ

最終更新:6/30(日) 8:47
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事