ここから本文です

巨人に新スター誕生!先発陣の救世主・桜井、俊足スイッチヒッター・若林【堀内恒夫の多事正論】

7/1(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

巨人で台頭してきた投打の若手、桜井[上]と若林[下]/写真=小山真司

 プロ野球ファンにとって、ひいき球団に新しいスターが誕生することは何よりの喜びだと思う。球場に足を運んで応援するかいがあるというものだ。

 わが古巣、巨人からも久びさにうれしい知らせが届いている。投手で桜井俊貴、野手では若林晃弘。2人の若手がスポーツ紙の見出しを飾っている。OBとしてはうれしい限りだ。

 まず桜井からいこうか。6月6日の楽天戦(楽天生命パーク)で新人時代の2016年以来、1163日ぶりに先発して、7回途中まで3安打、8奪三振、1失点の力投。先発として初勝利を挙げると、13日の西武戦(メットライフ)でも7回1失点の好投で2勝目を手にした。勢いは止まらず、20日のオリックス戦(東京ドーム)でも勝ち星はつかなかったが好投した。ヤングマン、田口麗斗の抹消で苦しい先発陣の台所に救世主の誕生だ。

 桜井の前途は洋々。OBとしてはそう願いたいが、プロ野球はそんな甘い世界ではない。確かにストレートに力があり、カーブもスライダーも、昨年覚えたというカットボールもコントロールよく投げ分けられるようになった。中継ぎを経験したことでストレートのスピードもアップしている。だが、頭に入れておかなければならない要素が・・・ 本文:1,345文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/1(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る