ここから本文です

デジタル遺品、考えてますか? データの生前整理

7/1(月) 16:55配信

オーヴォ

 スマホ、パソコン、そしてSNS上。とにかくさまざまなデータが身辺あふれかえっている。まだまだ先、のことかもしれないが、これらがすべて「遺品」として残ることを想像してみたことがあるだろうか。その手のデータを残しておきたくない、と考える人は7割に上ることが、生前整理に関する調査(エイチームライフスタイル・名古屋市)で分かった。

 20~70代の男女、549人の回答結果。生きているうちに自分の財産や所有物などの身辺整理をする「生前整理」。相続トラブルを避け、残された家族の遺品整理にかかる負担を減らす備えだが、実際に生前整理を考え、悩んだことがあると回答した人は60.5%。悩んだ中身で最も多かったのは貯金(61.4%)、次いで家(53.9%)、そして土地(36.4%)。デジタル遺品はというと、そもそも言葉を知っている人が約半数で、まだ認知度が今一つだ。

 だが、「デジタルな情報で残しておきたくない情報はありますか」とたずねると、68.3%があると回答。PCのデータ(61.6%)や携帯電話のデータ(53.9%)、続いて写真・動画データ(48.0%)など、家族や身近な人にも見られたくない情報があるという人もいるようだ。デジタル情報の生前整理でトラブル対策しておきたいものをたずねると、ネット口座(64.3%)や写真・動画データ(57.0%)、SNSアカウント(52.8%)などが多かった。

最終更新:7/1(月) 16:55
オーヴォ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事