ここから本文です

カイロプラクター伝授「腰痛も撃退!頸椎の歪みを首押しで治す」

7/1(月) 6:05配信

女性自身

一見、関係がなさそうな腰痛と首のケア。でも実は、背骨の上部にあたる頸椎の歪みこそが、腰痛を招くんです。ここでは、その歪みを短時間で正す画期的なメソッドを紹介。

「腰と首は離れていて、一見つながりがなさそうですが、じつは表裏一体の関係。首をケアすれば、腰痛は改善されます。腰椎の変形によるひどい腰痛でも諦めないで」

こう話すのは、上部頸椎カイロプラクターの島崎広彦さん。東京都青梅市に構える治療院「オフィス・シマザキ」は、口コミでその評判が広まり、全国から予約が殺到。今年5月に出版した新著『「痛み」も「コリ」も首次第』(清流出版)が、今注目されている。

島崎さんが行うのは、首の骨である頸椎の治療。体全体が健康でいるためには、頚椎の自然なカーブが重要だという。

「背骨には、脳からの指令を体中に伝える神経である脊髄が通っています。頸椎が歪むと、この神経の通り道が邪魔され、脳からの指令が正確に届かなくなるのです。すると、体中に不調が現れるようになり、首から離れた腰の痛みにも悪影響を与えます」

スマホを使うときの姿勢が原因で起こる「ストレートネック」も、頸椎の自然なカーブが失われ、本来あるべきでない直線状に変化した状態だ。島崎さんは、近年、ストレートネックになる女性が増えていると警鐘を鳴らす。

「その理由は、スマホの使いすぎだけでなく、腰痛を引き起こす『反り腰』にあります。運動不足から腹筋の筋力が落ちると体の前側を支えきれず、腰が反った姿勢になります。おなかがぽっこり前に出るので、バランスを取るため首を前に突き出すことに。これがストレートネックになる原因です」

ストレートネックになって最初に自覚する症状は、その姿勢に直接起因する腰痛、目の疲れ、首や肩のこりなど。これが続くと、やがて自律神経にまで影響が及ぶようになり、不眠症、イライラ、のぼせ、倦怠感など、いわゆる自律神経失調症と呼ばれる症状を感じるようになる。

「いちばん上の頸椎と隣り合う脳幹には、自律神経の中枢があります。隣り合わせだけに頸椎の歪みの影響を受けやすく、余計な刺激で神経の伝達が阻害されると、自律神経の働きが悪くなって体中に不調が及ぶようになります」

それでは、頸椎の歪みと自律神経の乱れは、一度悪化すると元に戻らないのだろうか?

「いえ、姿勢の改善と首のメンテナンスで徐々によくなります。自宅でできる『首押しメソッド』は、毎日続けると自律神経が整い、腰痛が日に日に軽くなります。とくに病院に行っても原因不明といわれる心因性の腰痛には、てきめんに効果があるはずです」

首押しメソッドは、首周辺の筋肉を押して緩めるもの。血行がよくなり、脳から脊髄への神経の伝達がスムーズになるので、自律神経が正常に働くようになる。

「首の骨の角度を変えるアプローチをするので、ストレートネック改善も期待できます。首押しを行う前後で、首を左右前後に動かしてみてください。首押し後は頸椎の位置が動き、首の可動域が広くなったのを感じられるはずです」

椅子に座った状態で「首押しメソッド」ステップ1~3を行ってみよう。

【ステップ1】

(1)左手の人さし指、中指、薬指の3本指をそろえ、首の中心ラインからやや右、頭の付け根あたりに置く。頸椎を包む筋肉の溝を探し、指を引っ掛ける。わからない場合、なんとなく収まりのいいところに当てればOK。

(2)引き戸を開けるような感覚で強めに8秒間、左側に引っ張る。じわじわと徐々に力を入れていき、最後の7~8秒目で力をすっと抜く。

(3)指を引っ掛ける場所を少しずつ変えながら、あと3回、2を行う。終わったら右手に替え、首の左側も1~3を同様に行う。

【ステップ2】

(1)ステップ1の1と同じ場所に左手3本指を置く。2秒かけて頭を下げながら、痛気持ちいいと感じるくらいの強さで押す。

(2)指の位置を肩の付け根に変え、2秒かけて頭を上げながら、1と同じ強さで押す。1~2を3セット行い、終わったら反対側も同様に行う。

【ステップ3】

(1)ステップ1と同じ場所に左手3本指を置く。2秒かけて頭を右に傾けながら、痛気持ちいいと感じるくらいの強さで押す。

(2)指の位置を肩の付け根に変え、2秒かけて頭を左に傾けながら、1と同じ強さで押す。1~2を3セット行い、終わったら反対側も同様に行う。

まずはステップ1~3を毎日行い、効果が出始めたら3日に1回、1週間に1回とだんだんペースを落としてOK。時間帯は、寝る前がベスト。寝るときは首に頭の負担がかからず、首押しメソッドで歪みを改善した状態を長時間キープできるからだ。

なお、首の前側には血管や神経など重要な部位が集中しているので、絶対に押さえないように。

「腰痛の根本的な原因を解決するには、ストレートネックとセットになっている反り腰の改善も重要。ふだんから胸を開くように肩甲骨を後ろに寄せ、下腹部に力を入れて立つよう意識しましょう」

首を整えれば、すべてが整う。諦めていた腰痛ともおさらばだ。

最終更新:7/1(月) 11:37
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2879号・8月20日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

小泉進次郎議員 目撃!滝クリと合コン
松本潤 美 少年ライブにLA極秘帯同!
役所広司 志賀廣太郎喜ばせた陸王の絆

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事