ここから本文です

高橋礼投手はなぜ勝てるのか【立浪和義の超野球論】

7/2(火) 16:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

完成度も高い

6月19日現在で被打率は対左が.182、対右は.224

 ソフトバンクの高橋礼選手が、交流戦に入って好調を維持しています。6月15日のDeNA戦(ヤフオクドーム)では7回を1失点で、早くも7勝目。プロ2年目、昨年は0勝1敗ですから、大ブレークです。4月末時点で4勝無敗、防御率1.44と素晴らしいスタートを切り、その後、少し防御率は落としていましたが、まだ1敗と“負けない投手”でもあります。ベンチとしては頼もしい存在でしょうね。

 私も実際、打席に入ってみないと分かりませんが、188センチの長身でのアンダースローとなると、打者は目線が動き、タイミングを合わせるのが難しいと思います。

 それでなくてもアンダースローの投手は厄介です。絶対数自体が少ないうえに、低い位置からリリースするのでボールが浮き上がって見え、バッターがスピードガンより速く感じるという特徴があります。高橋選手も、右打者がインサイドへのストレート、シンカー気味の球に面白いように詰まっています。外へのスライダーもありますから、インサイドだけを意識するわけにもいきません。制球力もいいし、打者の・・・ 本文:1,051文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/2(火) 16:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る