ここから本文です

『セルフ婚活の失敗の要因は!? 行動派女子が幸せを掴むまで』植草美幸

7/2(火) 21:40配信

with online

名古屋から婚活に参戦した行動派女子

こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

マリーミーもそうですが、日本結婚相談所連盟(IBJ)や日本ブライダル連盟(BIU)といった連盟に所属している結婚相談所では、所属している結婚相談所のすべての会員(上記連盟の場合、各約5万人、計約10万人)からお相手を選ぶことができます。

【婚活戦略女子】記事一覧はこちら

「関東近県の方」や「北海道在住の女性」「大阪勤務の男性」というように、お相手を選ぶことも可能なので、一般的にはお住まいの近くの結婚相談所に入会する方がほとんどですが、マリーミーには北は北海道から南は沖縄、はたまた海外からいらっしゃる方もいます。

約1年前にも名古屋在住という女性からマリーミーに電話があり、「植草さんに直接担当してもらえるコースをお願いしたいのですが、今すぐ入会できますか」という問い合わせが。そのときはスタッフが電話で入会方法などの説明をして対応したのだけれど、驚くことに翌朝、その女性が表参道にあるマリーミーに顔を出したのです。

その行動力にはビックリ! コース的には手一杯な状況でしたが、その熱意を感じて引き受けることに。そして始まった彼女の婚活。今回はこの名古屋在住の女性のマッチングケースをご紹介しますね。

CASE 25歳女性・会社員 × 31歳男性・税理士

この女性、結婚相談所に入会するのはマリーミーが初めてだけれど、地元である名古屋でも婚活をしていたと言います。約半年間ほど、婚活パーティーやイベントに参加し続けたけれど思うような出会いがなく、ちょっとした婚活疲れ状態。恋愛・婚活関連の本もかなり読んでいて、そのとき目に留まったのがマリーミーだったとのこと。婚活疲れの中でも次の策として、電話をくれた翌日には名古屋から東京に来てしまうような行動力は目を見張るものの、少し気が強いところもあって、婚活アドバイザーとしてはちょっと心配な点でもあったのよね。

婚活ではカッコよさは男性に譲って

案の定、マリーミーでも3連敗。見染められるけれど、その後が続かない状態で彼女もやさぐれかけたとき、「あなたはカッコイイ自分が好きなだけ。もっと男性を立てなさい!」とアドバイスしたの。理想のお相手を探すだけではなく、ご本人をより男性に好かれる女性とすべくアドバイスするのも婚活アドバイザーの仕事。

また、いくら本を読んで知識を増やしたとしても、きちんと目の前のお相手と向き合わないとダメなのよ。

働く女性にありがちなのだけれど、ついつい男性と張り合ってしまうのよね。たぶん、このアドバイスも1人目から言っていたら効き目がなかったと思うの。ちょっと「自分も変わらなくちゃダメなんだ」と自覚していたからこそ、その後、好転できたのね。

それでも紆余曲折あって、8人目に出会ったのが関西在住のこの男性。お仕事は士業と硬く、とてもマジメな方。女性も素直に男性を尊敬することがきたし、恋愛に奥手な部分は行動派の女性がフォローすることで、成婚まで至ることができたわ。

1/2ページ

最終更新:7/2(火) 21:40
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事