ここから本文です

ムエタイ×シラット×カンフーの達人が競演 米中タイ合作『トリプル・スレット』9月公開

7/2(火) 17:03配信

リアルサウンド

 ムエタイ×シラット×カンフーがかけ合わさったアクション映画『Triple Threat(原題)』が、『トリプル・スレット』の邦題で9月に公開されることが決定した。

 主演を務めるのは、『マッハ!』シリーズで知られるタイの闘神トニー・ジャー、インドネシアの格闘技シラットを操る『ザ・レイド』『マイル22』のイコ・ウワイス、そして『マトリックス』の武術指導を経てキアヌ・リーブスに見出された中国武術の達人タイガー・チェン。アクションスターの3人がそれぞれ、ムエタイ、シラット、カンフーを武器に立ち上がり、ドリームチームを結成する。

 中国有数の資産家の娘シャオシャンは父の遺産を投じ、東南アジアの都市マハ・ジャヤに巣食う犯罪組織の壊滅を目指していた。ところがその行動を面白く思わない犯罪組織のボスはシャオシャンを殺害すべく、冷血非道なコリンズ(スコット・アドキンス)をリーダーとした傭兵部隊を送り込む。コリンズらの襲撃により街は戦場と化し、かろうじて警察署に逃げ込んだシャオシャンは、そこで出会った二人の腕に覚えのある男パユ(トニー・ジャー)とロン・フェイ(タイガー・チェン)に助けられる。警察署を脱出し大使館を目指すのだが、そこに妻を殺害されコリンズに恨みを持つ現地の男ジャカ(イコ・ウワイス)も加わり、壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。

 『ドクター・ストレンジ』のスコット・アドキンス、総合格闘技出身のマイケル・ビスピン、7種の武術の黒帯を有する『スポーン』のマイケル・ジェイ・ホワイト、『チョコレート・ファイター』のアクション女優ジージャー・ヤーニンらが共演する。監督を務めるのは、『アクシデントマン』『マキシマム・ブロウ』のジェシー・V・ジョンソン。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/2(火) 17:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事