ここから本文です

欅坂46 渡邉理佐「私が演じたCMで『背中を押してもらえた』と思ってもらいたい」

7/2(火) 20:00配信

ウォーカープラス

7月2日、東京・新宿にてイオンカードの春のCMの、続編にあたる新CMの発表会が開催された。欅坂46の、守屋茜さん、土生瑞穂さん、渡邉理佐さん、菅井友香さん、小林由依さんの5名がキャンペーンに関する撮影で使用した衣装を着て発表会に登場。3月に放送された新生活編のCMの続編として、7月6日(土)より新しいCMが放送される。

【画像を見る】イオンカードの新CM発表会に欅坂46の、守屋茜さん、土生瑞穂さん、渡邉理佐さん、菅井友香さん、小林由依さんが出席

欅坂46としてデビューしてから現在までの間で、心境の変化があったかという質問に対して、菅井友香さんは「3年経って4年目となっています。最初は本当に目の前のことで精一杯で、新しい環境に慣れるのに大変だなと思いました。結構もがいて悩んだりもしてたんですけど、2期生も入って来てくれて、最近は新しい欅坂46が生まれているなととても前向きに楽しんで活動できるようになりました」と語った。

また、小林由依さんは「16歳の歳に欅坂46に入って、もうすぐ20歳になるんですけど、周りの方から『やっぱり大人になったね』と言われることが多くて、本当に時の流れを感じます」と話した。

今回のCMから初めて参加する守屋茜さんは印象に残ったことを聞かれると、「どれもストーリー仕立てになっていて印象深いです。初めて社会人という設定で海外事業部に所属して、プレゼンをするシーンがありました。プレゼンの内容を覚えたんですけどそれだけでもすごい緊張したので、実際にプレゼンするのは大変なんだろうなと実感しました。かなり練習しましたので最初の台詞は今でも覚えています」と撮影を振り返った。

前回のCMと同じ役柄を継続して演じた、土生瑞穂さんは「前回はモデルを目指す女性で、今回はモデルとしての女性を演じさせていただきました。夢が叶っても楽しいことばかりではなく辛いこともあるじゃないですか!もうひとつの人生を経験できたような気分になりました」と感想を語った。

同じく前回から出演している渡邉理佐さんは「今回のCMでは夢であるカメラマンになって生活しています。CMを見てくださった方が『背中を押してもらえた』と思ってもらえるようなものになっているとうれしいです」とコメントした。

(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

最終更新:7/2(火) 20:00
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事