ここから本文です

神野大地はアンチにもめげずSNSを活用。 「ありのままの自分を伝える」

7/2(火) 6:37配信

webスポルティーバ

神野プロジェクト Road to 2020(33)

前回の記事はこちら>>

東海大の「学生駅伝3冠」に暗雲。期待のエースたちがまさかの不調だ

 長野県東御(とうみ)市の湯の原高原で練習パートナーのニコラス・コリールとマラソン合宿を行なっていた神野大地は無事に合宿を打ち上げ、MGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)に向けて調整を続けている。

 レイヤートレーニングを2017年の4月からスタートさせ、ケニア合宿にトライするなど、一切妥協することなく、苦しい練習を積み重ねてきた。それは神野の真面目で几帳面な性格によるものでもあるが、"努力"を続けることは容易なことではない。なぜ神野は、こうした地道な努力を続けて来られたのだろうか。

「努力したあとにいい結果が得られたという経験が過去にあったからなんです。高校の時は、最初、女子よりも遅かったけど、最後はインターハイに出場することができた。大学では4年間で一度ぐらい箱根を走れればいいかなって思っていたけど、3回も走ることができ、その上"山の神"と言われて2回優勝することができた。社会人になってからはハーフで思っていた以上の結果が出た。

 僕はもともと力がないところからスタートして、それぞれのところで努力してきたからこそ今の立場があると思っているんです。ただ、今までは自分の努力で結果を得られてきたけど、今回、僕が目指しているのが日本のトップ。努力しても届かないかもしれないけど、自分には努力しかない。努力なしに成果は得られない。僕はそう思っています」

 プロアスリートであれば、誰もが少なからず努力している。神野のすごいところは、それが一過性ではなく、継続して高いレベルで行なわれているところだ。毎日の練習、毎日のケア......やるべきことを365日続けている。

「人生は一度きりなので、後悔をしないためにやるべきことをやって、その上で挑戦することが大事だと思うんです。MGCは力的に、大迫(傑)さんや設楽(悠太)さんかなっていうのがあるかもしれないけど、正直、誰が勝つかわからない。そこで勝つためには日々の努力を続けることだと思うし、もちろん運も必要。ただ、運を味方につけるもの、神様が見ていてくれるというか、最後まできちんとやってきた選手にご褒美をくれるんじゃないかなって思っています」

1/3ページ

最終更新:7/2(火) 6:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事