ここから本文です

光る「コミュ力」。DeNAの中心にいる 正捕手・伊藤光の意外な一面

7/2(火) 10:57配信

webスポルティーバ

伊藤が興味深いことを口にした。それはいったいどういったことなのだろうか。

「ピッチャーは完璧主義者が多いんです。高さもコースもしっかり投げたいと......。もちろんそれはいいんですけど、全球そうはいかない。甘いボールで抑えるためには、ボールの強さや変化球のキレが大事なってくる。そういう方法もあることを伝えています」

 つまりはピッチングに余裕を持ち、視野を広くしろということなのだろう。理路整然とした言葉に、怜悧な表情。伊藤の凛としたたたずまいは、扇の要としての安定感に満ちている。

「すべてが完璧で、スマートに見えるので、ちょっとムカつきますよね」

 伊藤についてそう笑いながら話してくれたのは、2年目の楠本泰史だ。今年のキャンプから一緒に練習するようになった楠本は、伊藤に対し尊敬の念と親近感を抱いている。伊藤がホームランを放つと、誰よりも喜び、手荒く迎えるもの楠本だ。

「どんなにゲームが長くなっても、決めた練習は最後までして帰るし、翌日は誰よりも早く来て準備をしている。一緒に練習させてもらうようになってからは、食事に誘っていただいたり、相談に乗ってもらったり......本当に野球に対する姿勢はすばらしいですし、勉強になります」

 そして楠本は、伊藤の意外な一面を教えてくれた。

「ああ見えて、意外といじってもらいたいタイプみたいなんですよ。光さんは実績のある人だし、突っ込みを入れる後輩がこれまでいなかったんじゃないですかね。僕は躊躇なくいきますけど(笑)。たまにひとりでボケて、すべることもあります。でも、僕が初ホームランを打った時、誰もいないところでこっそりプレゼントをくれたり、ホント中身までイケメンなんですよ。ムカつきますけど、カッコいいと素直に思いますし、僕もこういう人間になりたいなって」

 DeNAの若くて闊達(かったつ)な選手に対して、伊藤は次のように語る。

「楽しみしかないですよね。それに自分を頼りにしてくれると感じる場面もありますし、何でも言い合えるコミュニケーションが勝ちにつながっていくと思うんです」

4/5ページ

最終更新:7/2(火) 12:36
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事