ここから本文です

SF映画の傑作『マトリックス』、20周年記念で4D上映決定 4Kリマスター ブルーレイ3枚組の発売も

7/3(水) 13:19配信

KAI-YOU.net

ウォシャウスキー兄弟(現・姉妹)によって生み出され「映像革命」と呼ばれた『マトリックス』が、1999年の公開から20周年を記念して9月6日(金)に4D上映される。

【画像】過去作のビジュアルを振り返る

上映期間は2週間で、日本公開からちょうど20年となる9月11日(水)には『マトリックス』3作品が「4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ」として、それぞれ3枚組で発売される。

不朽の近未来アクションSF

『マトリックス』は1999年に公開されてから『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』と続編が公開し、20周年を迎える現在も根強い人気を誇るSFの名作だ。

平凡なプログラマーと天才ハッカーという2つの顔を持つ主人公・ネオが、コンピューターがつくり出した仮想現実の存在を突きつけられ、人類をコンピューターの支配から解放するため戦闘に身を投じていく物語。

当時では圧巻のワイヤーアクションや、撮影技法の一種であるバレットタイムなど多くのVFX(視覚効果)で「映像革命」として話題を呼び、後続のSF作品にも大きな影響を与えている。

キアヌ・リーブスさん演じるネオが、残像を残しながら銃弾を避けるシーンを覚えているという人も多いのではないだろうか。

近年では関連作品や続編制作も報じられており、新キャラクターが登場する、第3作目『マトリックス レボリューションズ』の続編になるなど、様々な情報が明らかになっている。

(c)1999 Village Roadshow Films (BVI) Limited.
(c)1999 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

あいざわなみ

最終更新:7/3(水) 13:19
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事