ここから本文です

『マトリックス』製作20周年記念4D上映決定 4K ULTRA HDで3作品同時発売も

7/3(水) 13:02配信

リアルサウンド

 キアヌ・リーブス主演映画『マトリックス』の製作20周年を記念し、9月6日より2週間限定で4D上映されることが決定した。

 本作は、リーブス主演で、仮想現実空間を舞台に人類とコンピュータの戦いを描いたSFアクション。ユエン・ウーピンをアクション指導に招いて取り入れたワイヤーアクションや、バレットタイムと呼ばれる撮影法により革新的なアクションシーンを生み出し、公開当時大ヒットを記録。監督は、『バウンド』『クラウドアトラス』のウォシャウスキー兄弟(現・姉妹)が務めた。

 2019年に製作20周年を迎え、4Dで9月6日から2週間限定で上映されることが決定。また、日本公開(1999年9月11日)からちょうど20年となる2019年9月11日には、『マトリックス』3作品の4K ULTRA HDが発売される。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/3(水) 13:02
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事