ここから本文です

田中圭と中村倫也が人気の理由、イケメン歴史を見ると次にくるのは“カシミア系男子”

7/3(水) 16:00配信

週刊女性PRIME

 世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)! ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を、解き明かしてご覧にいれます。

【撮り下ろし写真全10枚】田中圭と中村倫也のスーツ姿など

田中圭と中村倫也、2人の共通項は「イケメンすぎない」

 ここ最近ちょくちょく目にするようになったイケメンといえば、大人気ドラマ『あなたの番です』に出演中の田中圭と、7月クールの新ドラマ『凪のお暇』に出演する中村倫也。どちらも、正直いわゆる“正統派イケメン”ではなく、ひと昔前だったらおそらく主演を務めるタイプではなかったはず。

 それがいまや、ドラマに映画と引っぱりだこ状態。はたして、世間が彼らを求める理由とは? を、イケメン評論家・沖直実さんに聞いた。

「2人とも、子犬系ベビーフェイスのイケメン。童顔でかわいらしくて、言い方はヘンですけど、いい意味で“イケメンすぎない”ところがいいんです。あまりに顔が美しすぎると、まず演技より顔に目がいってしまって役が入ってこない。彼らの場合は、演じる役がスッと入ってくるし役のバックボーンが見えてきます」(以下カッコ内は沖さん)

 親近感を持たれるには、“イケメンすぎない”ことが重要というわけ。

「やっぱり塩顔は人気があるんですよね。近くの会社のビルとか、隣の車両にいそうな雰囲気だから、“もしかしたら私も近づけるんじゃないか”と勝手に妄想できるわけです。そして、2人とも芸歴が長くて演技もうまい」

 田中圭は2000年デビュー、中村倫也は2005年にデビューしている。

「プロデューサーや監督は“彼ならどんな役でもやらせられる”と、いろんな役を与えてきました。なので、ブレイクしてから“あの役は彼だったんだ!”と振り返って気づける。これまでの過程があって、その苦労が今ようやく報われたんです」

 さらに共通項を挙げれば、魅力が演技にとどまらないこと。田中圭は『ぐるナイ』にレギュラー出演し、中村倫也が『志村どうぶつ園』で見せる動物好きの素顔は女心をくすぐる。

「バラエティー対応もすごくよくて、男性からのウケもいい。つまり人間力があって魅力の宝庫なんですよ。30代でブレイクした人は、この先も長いんです。早くにイケメンとしてブレイクした人は、30歳前に壁にぶつかることが多いですが、彼らは40~50代も楽しみですよね」

1/2ページ

最終更新:7/3(水) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/24号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事