ここから本文です

無能な上司はなぜ生まれるのか? そこには「法則」があった

7/3(水) 15:31配信

HARBOR BUSINESS Online

 多くの会社員は出世するほど無能な人間に近づいているというのをご存知だろうか。あなたの周りにいる「無能な上司」というのは、出世によって無能化させられた犠牲者かもしれない。

無能な上司を作り出す「ピーターの法則」

 これはどういうことかというと、年功序列型の企業でなければ、一般的に会社に入ると全員が平社員から始めて、そのポジションで一定の成果を出すと、次のポジションに昇進していく。それを繰り返して、主任、係長、課長、部長などと出世をしていく。

 一見、フェアで優秀な社員が育っていく仕組みのように見えるが、実はこの仕組みに無能な上司を作り出す落とし穴があるのだ。

 それは、「ピーターの法則」と呼ばれている。能力主義の企業において、会社員は優秀である限りは出世し続けるが、成果が出せなくなるとそれ以上出世しなくなる。

 その理由は「能力の限界を迎えた」「仕事内容が変わって能力を発揮できない」など、さまざまだろう。その瞬間、これまで順調に能力を発揮して出世してきた人が無能化してしまうのだ。

 この仕組みが繰り返されていくと、最終的にすべての役職が、無能な人で埋め尽くされていくのだ。ひとつ下の役職であれば優秀だったはずなのに。

 そもそも、ポジションが変わるとやるべき仕事が変わるので、プレイヤーとして優秀だった人がマネージメント側に昇進したからといって全員が十分な成果が出せるというわけではない。

 プロジェクトを遂行する役職、プロジェクトをマネージメントする役職、組織をマネージメントする役職というよう役割分担があるだけだ。あるのは上下関係ではなく、仕事内容のマッチングだ。

それまで培った能力が生かせなくなる

 例えば、これまでプレイヤーとして営業販売でトップの成績を残してきた人が、昇進して営業販売するチームのマネージメントの仕事を任されたとしよう。

 プレイヤーのときのKPIは個人の販売数だったが、今度はチームの販売数がKPIとなる。チームの販売数を上げるために全員の営業に同行したり、代わりに自分が販売するわけにもいかないため、「どうやってチームの販売数を増やすのか?」という発想に変わる。自分が使っていたテクニックを教えるだけでなく、メンバーのモチベーションコントロールも必要となる。

 求められるものが「現場での戦術」から「戦略」に変わるのだ。

 今は能力を発揮できていない人でも「昔は優秀だったらしいよ」と言われる上司がいるだろう。その人がまさに、「ピーターの法則」の被害者だ。

 さらに、降格が積極的に行われない日本企業だからこそ、本来はもっと高いポジションでパフォーマンスが発揮できる人が、無能な上司によって昇格の邪魔をされてしまうのだ。

 もし、あなたが会社に勤めているならば、この犠牲者になる可能性が十分にある。

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 0:04
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事