ここから本文です

ブルゾンちえみが舞台女優デビュー! ケラの岸田戯曲賞受賞作に挑む心境は

7/3(水) 21:00配信

CREA WEB

令和に徹底したいモットーは“自分の心に正直に”

「初舞台にしては整いすぎと言いいますか、赤ちゃんにいきなり一流料理を食べさせるような(笑)。とても贅沢なことと感じています」

 ブルゾンちえみさんは、この夏、挑戦する舞台について、そう発言した。ケラリーノ・サンドロヴィッチの、第43回岸田國士戯曲賞を受賞した『フローズン ビーチ』を鈴木裕美が演出。出演は女優4人のみ。ウィットたっぷりに1980~2000年代の世相を投影させながら、女たちのドラマを描いた名作だ。

「少人数なので責任は重いですし、カロリーも必要になるでしょうが、負荷がかかるほど、恐ろしいほどの達成感や幸せを感じられると思っているので、ワクワクしています」

達成感は何にも勝る喜び

 頑張ることの快感は、子どものころから幾度も体験していた。

「達成感を得たいんですよね(笑)。学習教材を溜め込んで『これを一気にやるぞ! 』とか、図書館から10冊本を借りてきて『全部読むぞ! 』とか(笑)。わざと自分に負荷をかけていました」

 そんな性格だから、大学を中退して以降、道を見失い、無気力に陥った数年はきつかった。

「何に向かって頑張ればいいのかわからない。そんな自分が嫌で、しんどくてたまらなかったです。劇団に入ってみたり、歌の勉強を始めたり、頑張れることを手当たり次第に探しました。もし、あのまま大学を卒業し、予定通り教師になっても、遅かれ早かれ行き詰まったと思います」

 そうなってしまった原因は、敷かれたレールに疑問を抱かずに歩いてきたからだと振り返る。

「自分の本当にやりたいことと向き合わずに、『(私の人生は)こういうもの』と思い込んでいたんです」

 本当の気持ちに気づいてしまったら、周囲との軋轢も少なからず生じる。そう思って目を瞑り、やりすごしている人は大勢いる気もする。

「考えないほうが楽なのかもしれませんが、そうすると状況は変わらない。私は、違和感を抱いたら、向き合って方向転換したいんです」

「できるだけ自分の心に従う」というのがモットー。

「自分だけが我慢をすればスムーズかなと本当の希望をのみ込むこともあるのですが、そうしてしまうと、体調を崩す。ストレスで太ってしまうので(笑)。令和からは、我儘を言わせてもらうことにしました!」

 ブルゾンさんの憧れはウィル・スミス。世界的エンターティナーであり、社会問題にも目を向けている姿が理想的。自身も小学5年生のときに環境問題に目覚め、「地球を救うのは私!」という意気込みで、紙のリサイクルや電力や水の節約に励み、クラスメイトに注意を促していた。

「今回の人生だけでやりきれるかわかりませんが、やらなきゃと思っていることはたくさんあるんです」

 理想の未来に向かって、あふれんばかりの熱を放ち続けてほしい。

ブルゾンちえみ

1990年生まれ。岡山県出身。2017年「ぐるナイおもしろ荘」(日本テレビ)で優勝し、人気者に。「24時間テレビ」ではマラソンランナーも務めた。女優としては、ドラマ「人は見た目が100パーセント」(17 フジテレビ)、「サバイバル・ウェディング」(18 日本テレビ)に出演。映画『ジオストーム』では吹き替えも。

舞台KERA CROSS 第一弾 『フローズン ビーチ』1987年~2003年、リゾート・アイランドで繰り広げられる女たちの密室劇。公演期間 2019年7月31日(水)~8月11日(日)場所 シアタークリエほか全国公演 ※プレビュー公演あり[お問い合わせ先]東宝テレザーブ電話番号 03-3201-7777

黒瀬朋子

最終更新:7/3(水) 21:00
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年10月号
9月6日発売

特別定価840円(税込)

秋の夜長にきれいになる。

瀬戸康史/明日、どんなメイクする?
私の好きな韓国紹介します! etc

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事