ここから本文です

曲がったキュウリばかりができるように……どうすれば?

7/3(水) 8:00配信

NHKテキストビュー

キュウリを育てていると、曲がったキュウリばかりができるようになってくることも。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、その理由を伺いました。



* * *



曲がったキュウリが多くなるのは、株の勢いが衰えてきた証拠。栄養不足や、アブラムシなどの害虫、うどんこ病、べと病などの病気が原因です。肥料を施したり、薬剤を散布したりして、キュウリの健康を取り戻すのが一つの方法。ほかに、これを株の寿命と考えて、新しいキュウリを育て始めるという手もあります。



キュウリは、4~7月までタネまきが可能です。しかも、タネをまいてから収穫できるまでが約60日と果菜類としては短いので、試してみてはどうでしょう。7月にタネをまけば、9月から10月ごろまで自家製のキュウリが食べられますよ。もちろん、ホームセンターなどで苗を入手して植えつけることもできます。



なお、多少曲がった程度では、キュウリの味はほとんど変わりません。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年6・7月号より

NHK出版

最終更新:7/3(水) 8:01
NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事