ここから本文です

セの順位は巨人から阪神まで小差。DeNAも出てきて後半戦の優勝争いはし烈や!【岡田彰布のそらそうよ】

7/4(木) 18:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

ゲーム差というのはモチベーションにかかわるな

交流戦最下位になりながらも、首位・巨人と1ゲーム差の広島。まだ貯金が6つもあってリーグ戦再開。緒方孝市監督[左]の手腕の見せどころや。この広島を含め3強にDeNAが優勝争いに加わってくるはずや

 時が過ぎるのは早いもので、気がつけばシーズンも半分を消化した。球界ではオールスターが前後半の区切りとされてきたが、実際には交流戦が終わった時点で、前半が過ぎたことになる。

 前半戦の最後……。これで思い出すことがある。話は古くなるが、1985年、阪神が日本一になったシーズンや。このシーズンは広島、阪神、巨人の首位争いだった。そして迎えた球宴前の直接対決。広島との3連戦やった。対戦前、広島に2ゲーム差をつけられていた。そして1、2戦を落として、差は広がり4ゲーム差に……。ここで3戦目となる。広島市民球場から岡山に舞台を移した前半の最終戦よ。

 オレは足を痛め、試合には出られなかった。代わりに出場したのがルーキーだった和田(和田豊)で、彼は固め打ちの大活躍。さらに木戸(木戸克彦)、平田(平田勝男)の下位打線が働き、このゲームを取った。それで3ゲーム差に詰めて、前半戦を終えたのであった。

 この試合のことは、吉田(吉田義男)さんと会えば、よく話題に出てくる。当時、監督だった吉田さん。今でも付き合いは深く、同じゴルフ場のメンバーで、ゴルフを楽しんでいる。吉田さんはこう振り返る。

「あの試合、仮に負けていたら・・・ 本文:2,297文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/4(木) 18:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る