ここから本文です

ブーム直前!? タブラ奏者・ユザーンが語る「ベンガル料理」の魅力!

7/4(木) 12:13配信

GQ JAPAN

東京のベンガル料理屋さん

ここ最近は、東京を中心にしてベンガルの料理や、少し離れたバングラデシュの料理が食べられるお店が徐々に増えてきている。そういった状況を、ユザーンさんはどう捉えているのだろうか。

「ただただ、ありがたいですよ。ただ、もっと気軽にベンガル料理が食べられるお店が増えたら、僕が自分でつくる必要もなければ、このレシピ本を出す必要もなかったかもしれないですね(笑)」

さいごに、「自分にとってのベンガル料理とは?」という質問をしてみたところ、「一言では言い表せないから、今回の本でこれだけ文字数を使って話しているんです」と答えたユザーンさん。

「ベンガル料理はおいしい」というシンプルなタイトルに反して、その料理の奥はとても深そうだ。


石濱匡雄(いしはま・ただお)
シタール奏者/1979年、大阪府生まれ。15歳でインドの弦楽器シタールを習い始め97年渡印、モノジ・シャンカール氏に師事。在印中から様々なコンサート活動をおこない、帰国後もインド政府主催のイベント出演や数々のアーティストと共演するなど、国内外で幅広く活動している。また、インド在住経験を生かし現地の家庭料理の紹介、自身の番組でのラジオパーソナリティなど多彩な側面を持つ。

U-zhaan(ユザーン)
タブラ奏者/1977年、埼玉県生まれ。オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏にタブラを師事。2014年に坂本龍一、コーネリアス、ハナレグミらをゲストに迎えたソロアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリース。インド滞在中の、ツイッターでのつぶやきをまとめた著書『ムンバイなう。』(スペースシャワーブックス)が話題となり、のちに続編『ムンバイなう。2』(同)も刊行された。

文・橋本 修

3/3ページ

最終更新:7/4(木) 12:13
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事