ここから本文です

アラフォーの目力アップに欠かせないアイメイク、でも崩れさせたくないなら?

7/4(木) 20:06配信

集英社ハピプラニュース

パンダ目、怖くない!ポイントは少ないアイテムでいかに“ちゃんと塗り”感を出すか

大人メイクの正解は“きちんと塗って、崩さない”!初夏のキレイが続く秘密を教えます!

【写真】アラフォーからのメイク術まとめ

●ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん
女性のライフスタイルに溶け込みながらセンスのいい旬の顔を作るテクニックで、各メディアで引っぱりだこ。女優、タレント、モデルからの指名もひっきりなし

■アイライン
メタリックブラウンで崩れない目ヂカラを
まつ毛の間の肌色が目立ち、 埋めなければならなくなってしまう黒のアイライン。この「間埋め」こそがにじみの原因。メタリックブラウンならまつ毛の間が目立たず、埋める必要ナシ!

アイシャドウは、ライン1本分塗らずにあけておく
メタリックブラウンでやや太めのアイラインを。アイシャドウはアイライン1 本分、塗らずにすき間をあけておく。アイシャドウとアイライナーが混ざり合うことなく、崩れ防止に。

速乾性にすぐれ、にじまない優秀メタリックブラウン
繊細なきらめきがディファイン効果で目ヂカラをもたらし、まつ毛の間のすき間感をカムフラージュ。インジーニアス リクイドアイライナー EX 02¥2,800/RMK Division

フィット感抜群。一気に引けるライナー
熊野×奈良の職人技で作られたペン先は、ピタリとまつ毛ぎわに寄り添い、まつ毛の間埋めを必要としない。ウズ アイオープニングライナー ブラウン¥1,500/フローフシ

■マスカラ
根元にはつけすぎず、中間から毛先を集中塗り
目ヂカラアップを狙うあまりの、根元へのたっぷり塗りはパンダ目のもと! 中間から毛先を放射状に広げれば、華やかさで目ヂカラもアップするし、根元崩れも防げる。

ブラシはまつ毛の根元に食い込ませない!
マスカラブラシを最初に当てるところは、まつ毛の根元からやや離れた位置。そこからスタートすると、まつ毛の中間から毛先にマスカラ液が集中。放射状にバラけさせて。

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 20:06
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事