ここから本文です

プラダが再生ナイロンを使った新作バッグ、「Re-Nylon」を打ち出す!

7/4(木) 12:57配信

GQ JAPAN

プラダは、2021年までに再生ナイロン素材への完全転換を目指しているという。

【新作バッグ6型を写真で見る!】

6月下旬、プラダはバッグの新作カプセルコレクション「Re-Nylon(リ ナイロン)」を発売した。プラダ・ブランドの歴史を語る上で欠かせないナイロンバッグの素材に、再生ナイロン繊維である「ECONYL(エコニール)」を使ったサステナブルな新シリーズだ。メンズおよびウィメンズのベルトバッグ、ショルダーバッグ、トートバッグ、ダッフルバッグ、バックパック2型の計6アイテムを揃える。プラダ青山店と公式オンラインストアで販売中だ。

織物用糸を生産するアクアフィル社とのパートナーシップにより採用されたECONYLは、海から集められたプラスチック廃棄物、漁網、繊維廃棄物を再利用、浄化して作られている。解重合と再重合のプロセスによって、ECONYLの糸は品質を損なうことなく無限にリサイクルができるという。

1万トンのECONYLを製造するたびに7万バーレルの石油を節約でき、二酸化炭素の排出量は5万7100トンもの削減が可能だそうだ。これは、石油を燃料とするナイロン製造が地球温暖化にもたらす影響の80%削減を見込める計算だ。

この「Re-Nylon」プロジェクトを皮切りに、プラダは2021年末までにすべてのバージンナイロンをECONYLに転換することを最終目標とした。

6つのバッグの型はクラシックなデザインで構成されており、そのぶんネイビーのナイロン素材が美しく際立つ。面白いのは、定番のトライアングルロゴがリサイクルマークを模した矢印を使ったデザインにアレンジされていることだ。レッドやグリーンなどのバリエーションがあり、バッグの外側にポイントとして配されている。

また、プラダは「Re-Nylon」の取り組みを紹介するため、環境ドキュメンタリー番組や雑誌で知られるナショナル ジオグラフィックと手を組み、『What We Carry』と題したショートビデオシリーズを制作した。リサイクル素材のさまざまな供給元を全5エピソードで紹介する予定で、現在は公式サイトで1作目が公開中だ。


「Re-Nylon」コレクションの売り上げの一部は、環境の持続可能性に関連するプロジェクトに寄付される予定だ。ファッションを楽しむとともに、環境問題について考えてみるのはどうだろう?

プラダ Re-Nylonメンズ
トートバッグ16万7000円(税抜)
トラベルバッグ19万5000円(税抜)
バックパック18万8000円(税抜)

プラダRe-Nylonウィメンズ
ベルトバッグ8万5000円(税抜)
ショルダーバッグ16万1000円(税抜)
バックパック19万7000円(税抜)

文・GQ JAPAN編集部

最終更新:7/4(木) 12:57
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事