ここから本文です

東京五輪は、すでにサイバー攻撃を受けている

7/4(木) 11:03配信

文春オンライン

「サイバー攻撃で東京五輪が危ないってあまり煽らないでくださいよ、やれることはやってますから……」

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 これは、2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の関係者が最近、筆者に述べた言葉だ。筆者は国内外のサイバーセキュリティ関係者やインテリジェンス当局者などへの取材から、東京五輪がすでにサイバー攻撃者たちの標的とされていると昨年から警鐘を鳴らしてきた。そうした記事や発言について、五輪関係者は冒頭のように漏らしたのだった。

もう攻撃は始まっている

 厳しいようだが、この認識は甘い。なぜなら、もう攻撃は始まってしまっているからだ。

 2019年6月末にはG20大阪サミットを控え、9月にはラグビーワールドカップ、10月に天皇陛下の即位礼、そして来年にはビックイベントである東京五輪と、大きなイベントが目白押しの日本。世界の潮流では、注目が注がれる大きなイベントでは、サイバー攻撃が付きものになっている。日本はそんな脅威に対抗する準備はできているのか――。

「文藝春秋」7月号 掲載の鼎談「東京五輪『サイバー攻撃』が始まった」では、米CIAの元CISO(最高情報セキュリティ責任者)でBlue Planet-works顧問でもあるロバート・ビッグマン氏、日本におけるサイバー対策の第一人者で現在は政府や自衛隊等のインフラをサポートしているサイバーディフェンス研究所・上級分析官の名和利男氏と共に、世界のサイバーセキュリティの現状に迫り、東京五輪へのサイバー対策などについても議論を繰り広げた。

 東京五輪が狙われるといってもピンとこないかもしれない。だが過去を振り返っても、2012年の英国のロンドン五輪、2016年のブラジル・リオ五輪、2018年の韓国・平昌の冬季五輪などはもれなくサイバー攻撃の被害を受けている。

 そもそも、五輪に限らず、サイバー攻撃は世界的に重大な脅威になっている。最近では、6月に発生した香港の大規模デモで、デモ参加者らが利用するメッセージアプリが中国本土からのサイバー攻撃を受けた。2016年の米大統領選挙ではロシアが米国を襲い、2018年の米国の中間選挙では同じ轍を踏まないよう、米サイバー軍が事前にロシアを攻撃した。

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 11:03
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい