ここから本文です

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』映画評:エンドゲームの後に救いをもたらす明るい作品

7/4(木) 16:59配信

Rolling Stone Japan

スパイダーマン最新作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が、世界最速で6月28日から日本での公開がスタートした。ローリングストーン誌の名物映画評論家、ピーター・トラヴァーズによる映画評を掲載する。ーー『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後に続く作品として、十分に満足できるものとなったのは主演を務めたトム・ホランドの役割によるものだろう。

記事中の動画を見る:『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』映画評:エンドゲームの後に救いをもたらす明るい作品

スパイダーマンには、エンドゲームが見えない。身軽な少年らしいはしゃぎぶりと恋の悩みを抱える年頃なイギリスの神童トム・ホランドが演じるスパイディは、かつてないほどに空高く飛んでいる。だからといって、2017年公開の『スパイダーマン:ホームカミング』の続編である本作がバカバカしさや過剰なCGIに陥るのを免れているわけではない。(ネタバレ:そういったことに陥っているのは間違いない。)それでもやはり、子ども向けの明るさが、悲劇的な側面のある『アベンジャーズ/エンドゲーム』のあとでは、救いとなる。生き延びたスーパーヒーローはサノスの指パッチンのせいで、5年を失うことになった。マーベル・シネマテック・ユニバース(MCU)で震撼させたこの出来事を『ファー・フロム・ホーム』は正面切って扱っているが、それがゆえに観客の大切な楽しい時間が台無しにされると考える必要は全くない。楽しさがこのシリーズの基本であり、今年のアカデミー賞でアニメーション『スパイダーマン:スパイダーバース』が受賞したことで実写の本作に注目が集まった中で、今作では期待に応えられるくらいに面白さが盛りだくさんとなっている。

ピーター・パーカー(ホランド)は、映画の冒頭でスパイダーマンとして街の治安を守ることを頭から追いやり、ヨーロッパへの修学旅行で浮き足立っている。そこで、ピーターは普通のティーンエイジャーへと戻り、MJ(ゼンデイヤが演じ、頭脳明晰かつ今まで一番魅力的となっている)に自分の気持ちが伝えようとする。だが、またしても、任務の呼び出しを受け、恋愛は後回しにせざるを得なくなる。こういった緊急時のために、ピーターのメイおばさん(マリサ・トメイ)はスパイディーのスーツをカバンに入れておいた。また、睨み顔をしたアベンジャーズの世話人ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)はピーターが電話を無視していることにカンカンに怒る。撃退すべきヴィランが徘徊しているからだ。

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 16:59
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事