ここから本文です

【木村和久連載】こんなゴルフ場はイヤ。 続・勘弁してよ「あるある」

7/4(木) 6:37配信

webスポルティーバ

休場日だと、フロント関連のシステムを切っているので、カード決済ができないんですな。そのため、「キャディーマスター室前で現金清算してくれ」と言われたことが何度かあります。

 同様に、薄暮のハーフラウンドや、ナイター営業などでは、フロントを閉めている場合が多いので、支払いは「現金のみです」と言われますね。

 事前にわかっていれば問題ないのですが、知らないと誰かにお金を借りるとか、一度外に出て、コンビニなどでお金を引き出してこなければいけません。それが、面倒くさいです。

 最近はスマホ決済が主流になっているので、タブレット端末でカード決済できるシステムを導入してほしいものですね。

(7)重いキャディーバッグはNG 昔、名門クラブに行ったら、キャディーバッグの重量制限があって、「あなたのバッグは重そうだから測ります」と言われて、重量を測定されたことがあります。

 その結果、規定よりも重量オーバーだからって、バッグの中から合羽やボールやらを取り除かれて、それでやっとラウンドができました。まあ、余分なものは後から返ってくるからいいんですけどね。

 これこそ、歩きゴルフの古き良き時代の産物でした。今は乗用カートなので、そんなことは滅多にありません......と思っていたら、このコース、あらためて調べてみると、まだキャディーバッグの重量制限をやっているようです。

 このコースでは、来年には大きな世界大会も行なわれます。その時、海外の有名選手たちに対しても、「あんたのバッグは重いから、中の荷物を減らして」と言うのでしょうか。どうなるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 今となっては、変わった制度やシステムは、戸惑いや怒りというより、格好の"ネタ"でしかありません。ゴルフ場で奇妙な体験をしたら、どんどんSNSにアップして、賛否を問いましょうかね。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa

4/4ページ

最終更新:7/4(木) 6:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事