ここから本文です

イーサン・ホークとユマ・サーマンの娘 マヤ・ホークが語る「ストレンジャー・シングス」シーズン3

7/4(木) 21:00配信

WWD JAPAN.com

ユマ・サーマン(Uma Thurman)とイーサン・ホーク(Ethan Hawke)の20歳の娘、マヤ・ホーク(Maya Hawke)が、7月4日に公開される「ネットフリックス(NETFLIX)」の大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界(Stranger Things)」シーズン3にロビン役で出演する。

【画像】イーサン・ホークとユマ・サーマンの娘 マヤ・ホークが語る「ストレンジャー・シングス」シーズン3

両親の影響で学生時代から芝居に取り組み、ジュリアード音楽院で演劇を専攻していたマヤだが、「若草物語」原作のBBCの歴史ドラマ「Little Women」でジョー・マーチ役に抜擢されたのをきっかけに退学。それから1年半の間に「Ladyworld」のようなインディーズ映画や、マリサ・トメイ(Marisa Tomei)やピーター・サースガード(Peter Sarsgaard)、リーブ・シュレイバー(Liev Schreiber)と共演した「Human Capital」、クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)監督の話題作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」などの作品に次々と出演した。

ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)の姪、ジア・コッポラ(Gia Coppola)監督の最新作「Mainstream」ではアンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)やナット・ウルフ(Nat Wolff)と共に主演を務める。コッポラ監督は「彼女はびっくりするくらい頭がよくて、大胆で、力強い女の子。ただ彼女のそばにいただけで、どんな風に人生にアプローチしていけばいいのか学ぶことができたの。彼女はきっとスターとして活躍するわ、その瞬間に立ち会えて私はとても幸せよ」と語った。

俳優を両親に持つ彼女にとって、演じることは難しいことではなかった。マヤは学校主催の演劇には積極的に参加し、夏になると芝居のサマーキャンプで学び、歌い、演じた。しかし、プロの俳優になることには戸惑いがあった。「自分が俳優の道に進むことは、ファミリービジネスで稼ぐ感じがしてわずかに抵抗があった。でも、私は演じることでとても幸せな気持ちになるし、自分の一番得意なことと気付くことができた」とマヤは語る。「もしあなたが二世だとしたら、人々はあなたに過剰な期待を抱き、あなたの意図や才能、そして地位を疑ってかかる。でも実際は、成功するためには努力が必要で、そこからやっと自分の居場所を見つけることができる」。

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 21:00
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事