ここから本文です

佐々木朗希「(160キロ台を)1回でも出せば自分の記録として残るので、自分の投球に集中できるようになった」――野球の言葉学【全文公開】

7/4(木) 11:00配信 有料

文春オンライン

高1の県大会で147キロをマーク

 今年の夏の高校野球は、この投手の狂騒曲が吹き荒れる。“令和の怪物”と呼ばれる大船渡高校の佐々木朗希投手(17)である。

 今春の日本代表合宿で、花巻東高校時代の大谷翔平投手(現ロサンゼルス・エンゼルス)が記録した160キロを超える163キロをマーク。一躍、高校最速投手として脚光を浴びた右腕だ。 本文:1,381文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

鷲田 康/週刊文春 2019年7月11日号

最終更新:7/4(木) 11:00
記事提供期間:2019/7/4(木)~2020/2/29(土)
文春オンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る