ここから本文です

ジャニー喜多川氏、人間性重視でオーディションを見る

7/5(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 嵐の松本潤(35才)によって明かされたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87才)の入院。病室には、嵐のメンバーはもちろん、V6、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、King & Princeのメンバーたちが連日お見舞いに駆けつけているという。

【写真】山下智久、プライベートでのおしゃれ白ジャケット姿

 そんなジャニーズ事務所のトップアイドルはすべてジャニーさんの手によって発掘された。いかにして彼らはその才能を磨きスターダムにのし上がっていくのか。

「全国から事務所に送られてくる山のような履歴書や写真をジャニーさんがすべてチェックして、スターの原石を探し出します。ジャニーさんが写真を手繰る手をピタリと止めた時が“好感触”のサインでした」(音楽業界関係者)

 ジャニーさんの目にとまった少年たちはオーディションを受ける。その時、重視するのは「人間性」だ。

「ジャニーさんはオーディションの時、素性がバレないようにスタッフを装って参加者をじっと観察します。ジャニーさんにとって歌や踊りよりも大事なのは、参加者の普段の言葉遣いや振る舞いです。時には最寄り駅の近くに車を止めて、オーディション会場に向かう少年たちの様子を観察することもありました」(前出・音楽業界関係者)

 オーディションに合格した少年は、「ジャニーズJr.」として無料のレッスンを受けることができる。

「アイドルとしての歌や踊りを身につけさせるだけでなく、人としての礼儀や責任感を果たせる人間にするのがジャニーさんの目標でした。

 育ち盛りの少年たちにはカレーや簡単な炒め物など自ら料理を振る舞うことも多く、青山にあるファミレスでは“ジャニーさんにツケてください”と言えば、Jr.はタダでご飯が食べられた時期もありました」(芸能関係者)

 デビューのさせ方も独特だった。

「まずレッスンしてから、スターのバックダンサーをさせて、“これは”という才能をその後のスターに抜擢します。今ではこのやり方は、ジャニーズ事務所以外でも採用されています。日本のエンターテインメントの構造は、ジャニーさんが築いたといっても過言ではありません」(前出・音楽業界関係者)

 その功績は「ギネス世界記録」にも認められ、2011年にジャニーさんは「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」として認定された。

 翌年には、「チャート1位を獲得した歌手を最も多くプロデュースした人物」としても認定されている。

※女性セブン2019年7月18日号

最終更新:7/5(金) 12:09
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事