ここから本文です

参院選2019「守り抜く」から「切り拓く」へ、各党のキャッチコピーを比較

7/5(金) 22:01配信

政治山

 4日、参議院選挙が公示され17日間の選挙戦が始まりました。各党は公約や政策、マニフェストを訴えていますが、キャッチコピーからも特徴をうかがうことができます。ここでは、改選前に議席を有していた政党のキャッチコピーをご紹介します。

※比例代表の届け出順、下段の「2017」は衆院選時のキャッチコピー

◇日本共産党
2019:希望と安心の日本を
2017:力あわせ、未来ひらく。

◇自由民主党
2019:日本の明日を切り拓く。
2017:この国を、守り抜く。

◇社会民主党
2019:「ソーシャルビジョン」の実現で「支えあう社会」を。
2017:憲法を活かす政治

◇公明党
2019:小さな声を、聴く力。
2017:教育負担の軽減へ。

◇国民民主党
2019:家計第一 つくろう、新しい答え。

◇日本維新の会
2019:創れ、新たな日本のかたち 目指せ、もっと自由で安心な社会
2017:消費増税凍結!身を切る改革で教育無償化。

◇立憲民主党
2019:#令和デモクラシー まっとうな政治。
2017:まっとうな政治。

◇れいわ新選組
2019:ロスジェネを含む、全ての人々の暮らしを底上げします!

 2017年の衆院選には希望の党が立候補していたため、キャッチコピーに「希望」という言葉を用いる政党はありませんでしたが、今回は共産党が使用。2016年の参院選時には公明党が「希望が、ゆきわたる国へ。」としていました。

 自民党は前回「守り抜く」としていた表現を「切り拓く」と改めており、積極的な外交や憲法改正への意欲をうかがうことができます。

 ほかにも、2016年参院選時に「生活が第一。」というキャッチコピーを使用した「生活の党と山本太郎となかまたち」の流れを汲む自由党が合流した国民民主党が「家計第一」を掲げるなど、政界の変遷を感じることもできます。

 政党間の比較だけでなく、過去とも比較することで、その政党の歴史に触れ、政策実行力を測ることができます。キャッチコピーに関心を持った政党の政策を知ることから、始めてみませんか。投票日は7月21日です。

最終更新:7/5(金) 22:01
政治山

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事