ここから本文です

ビューティビジネスで稼ぐセレブたち

7/5(金) 19:11配信

25ansオンライン

カイリー・ジェンナーが「カイリーコスメティックス」の成功でビリオネアになったのを筆頭に、キム・カーダシアンやリアーナなどもビューティブランドをがローンチ。さらに今年に入ってからもヘイリー・ビーバーがブランド名を商標登録したりと、その動きはますます活発に! そこであらためてビューティビジネスに本気で取り組むセレブをおさらい!

【写真】妊娠を隠しとおしたカイリー・ジェンナーのカモフラマタニティルック

カイリー・ジェンナー「Kylie Cosmetics(カイリーコスメティックス)」

2015年にローンチされた「カイリーコスメティックス」。2019年には、企業価値が推定1,000億円(フォーブス誌調べ)に達し、21歳のカイリーは、史上最年少のビリオネアに。カイリーのようなぷっくりリップが作れると人気の「リップキット」は、発売後10分以内で完売したという伝説も。この5月にはクルエルティフリー、グルテンフリー、サルフェートフリー、パラベンフリーでかつヴィーガンにこだわった「カイリースキン」をローンチし、ビジネス拡大に拍車をかけている。

ヘイリー・ビーバー「ビーバー ビューティ(BIEBER BEAUTY)」

『WWD』によると、ヘイリー・ビーバーが夫、ジャスティン・ビーバーの姓を冠したビューティブランド「ビーバー ビューティ」を立ち上げるとか。米国特許商標庁によれば、ヘイリーは2019年4月10日に「ビューティおよびコスメ」で会社の商標登録を申請している。影響力のある2人だけに、どんなプロダクトが登場するのか楽しみ。先日、結婚式は延期という報道も出ていたけれど……、無事にブランドがデビューすることを願う!

キム・カーダシアン「KKW Beauty(ケーケーダブリュー)」

2017年6月にキム・カーダシアンがローンチした「ケーケーダブリュー」。キム流のメイク、ヌードカラーをベースにしたコントゥアメイクが叶うアイテムがメインで、リップ1本18ドルと、ガール世代にも優しい価格帯も、人気の理由。

ミランダ・カー「KORA ORGANICS(コラ オーガニックス)」

ミランダの美のポリシーは、心と体と精神のバランスをとることであり、“美しい肌とは健康な肌”。それを叶えるコスメが、「コラ オーガニックス」。自身が学んだ栄養学と健康心理学の知識をもとに2006年に開発を始め、2009年にブランド誕生。現在は、フェイスオイルからサプリメント、人気のハートチャクラアロマセラピーオイルまで、ミランダのセンスが光るラインナップで、日本でも入手可能。

ジェシカ・アルバ「The Honest Company(オネストカンパニー)」

「オネストカンパニー」を2011年に立ち上げ、実業家としての手腕を高く評価されるジェシカ。“口に入れても安心安全な植物由来の商品”がコンセプトのオネストカンパニーでは、ベビー用品から洗剤などの日用品、コスメまで幅広く展開している。デザイン性の高いパッケージは、リサイクル可能な資源を利用しているというエコ派。

最終更新:7/5(金) 19:11
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月26日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

25ansオンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事