ここから本文です

社会現象声優・尾崎由香の“最上級のピュアかわいい”素顔と名ゼリフ誕生のウラ側

7/5(金) 19:30配信

週刊女性PRIME

「すご~い!」「フレンズなんだね」

 動物のキャラクターがほんわかした雰囲気で繰り出すこれらのセリフ、誰しもが1度は耳にしたことがあるだろう。その社会現象にもなったアニメ『けものフレンズ』(2017年1月放送開始)で主人公のサーバル役を務めて一気に国民的存在になった声優・尾崎由香(26)。

【写真】インタビュー中の様子など、どの表情もピュアかわいい!

 夢見る少女ですらも想像できないような体験をしてきた彼女が、さらなる飛躍を求め、6月から唐沢寿明や山口智子、天海祐希など有名俳優が数多く所属する芸能事務所・研音に移籍した。

 今までに語られることがなかったこれまでのこと、そして、これからのことを聞いてみた――。

◆「兄がアニメが大好きで、そこから声優の仕事に興味を持ったんです。声優は自分の姿が見えないから、声だけで勝負をしないといけません。演じるキャラクターと表情を合わせたり、二人三脚で役作りをしていくので、想像力がとても大切だなと思っています。職人のような世界で、とてもやりがいのあるお仕事です」

 今や憧れの職業の上位にノミネートされる“声優”。それだけに競争の激しい世界でもある。声優になる前から子役として芸能活動もしていた尾崎ですら、声優への転身当初はわからないことだらけ。試行錯誤の日々の中、デビューから2年目にして初めて自らの力でオーディションを通過して役を獲得したのが、のちに社会現象となる30分アニメ『けものフレンズ』だった。

「放送開始から1か月くらいして、Twitterのトレンド(ユーザーが書き込んだ単語のランキング)に“フレンズ”って言葉が出るようになったんです。最初は自分たちの作品のことだとは思っていませんでした(笑)。多くの人に注目してもらえるようになっていったのを、アフレコ現場のみんなですっごく喜んだのを覚えています。

 私が演じるサーバルのセリフ“すごーい”にも注目してもらえました。実は、あのセリフには“すごーい”思い入れがあるんです。最初の収録のときにうまくできなくて、監督から“宿題ね”と言われ、翌週に録り直すことに。それから、"動物らしさ、サーバルらしさ”ってなんだろうと考え続け、いろいろとサーバルキャットの資料を見て、あの“すごーい”になりました。なので、みなさんにたくさん使ってもらえて、本当にうれしかったです!」

 そんな彼女の努力もあって、アニメ『けものフレンズ』は、2017年の流行語大賞にもノミネートされるほどとなった。尾崎がセンターを務めた主題歌『ようこそジャパリパークへ』もヒットして、自身を取り巻く環境は劇的に変わっていった。

 サーバルの認知度のおかげで声の仕事だけでなく、本人が実際に出演する機会も増えたという。2017年4月には、ユニット『どうぶつビスケッツ×PPP』で『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にも出演。

 そして、デビューからわずか3年でNHK Eテレ『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』のオープニングテーマ楽曲『LET'S GO JUMP☆』(2018年8月)をソロでリリース。さらに8月7日にはファーストソロアルバムの発売も決まった。

「ソロとしてひとりで歌うことは不安でもありました。でも、『ようこそジャパリパークへ』のおかげで歌うことが大好きになれたので、ソロのお話をいただいたときはすごくうれしかったです」

1/2ページ

最終更新:7/5(金) 19:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい