ここから本文です

「イラン劇場」の真の狙いは?  トランプの不都合な真実

7/5(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

2020年の大統領選に向けてトランプ氏も動き出した(AP/アフロ)

<2019年7月13日号> 6月20日、トランプ米大統領はイランのレーダー基地などを標的とする攻撃命令をいったん下しながら、150人のイラン人が犠牲になるという報告を聞いて、10分前に攻撃中止を命令したと発表した。イランとの長い戦争に米国を引きずり込みかねない危険な火遊びを回避したと、米国メディアは評価している。だが、「芝居がかった」トランプ氏の行動には賛否両論がある。 本文:1,460文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

渡部 恒雄 :笹川平和財団 上席研究員

最終更新:7/5(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る