ここから本文です

松山キレキレ! 怒涛のバーディーラッシュに米ファン称賛「良い時の彼は凄い」

7/5(金) 10:47配信

THE ANSWER

今季最高のスタート、キレキレショット&パットの映像に喝采

 米男子ゴルフツアーの新規大会「3Mオープン」は4日の初日。松山英樹(レクサス)が8バーディー、1ボギーの64で回り、7アンダーで首位と2打差の2位タイと好発進を決めた。怒涛のバーディーラッシュを、PGAツアーが動画付きで公開。米ファンの喝采を浴びている。

【動画】松山はショットもパットもキレキレ! 「良い時の彼は凄い」と米ファンも喝采をあげたバーディーラッシュの一部始終

 こんな松山を待っていた。まずはスタートの10番ホールで80センチを沈め、バーディースタートを決めると、13番ショートでも2メートルを入れた。17番の池越えのパー3では、会心のショットで50センチにベタピン。前半だけで4つスコアを伸ばした。

 そして後半の5番。4メートルのバーディーパットを沈めて、この日7つめのバーディー。最終9番でボギーをたたいたが、初日64は2019年のベストスタートだ。

 PGAツアーは公式インスタグラムでバーディラッシュの様子を動画で公開。「ヒデキ・マツヤマが今日、8バーディー」と記すと、米ファンからも喝采が起きている。

「ツアーで最も安定感がある」
「ヒデキは今年優勝する」
「本当にクール」
「ゴルフはパッティングがすべて」
「調子の良い時の彼は凄い」

 首位のスコット・ピアシー(米国)とは2打差。今季は安定した成績を残しながらも、優勝争いにはなかなか絡めていない松山。新規大会で千載一遇のチャンスが巡ってきそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:48
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事