ここから本文です

「理想のタイプは“兄”のような人」あどけなさが残る彼女の、ピュア過ぎる恋愛観

7/5(金) 5:20配信

東京カレンダー

東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

本連載では、東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。



今年3月、家政系の女子大学を卒業したばかりだという彼女の名前は、☆HOSHINOさん。

柔らかくあどけない表情と抜群のプロポーション、そのアンバランスさが魅力的な、いま注目のグラビアアイドルだ。

頭に「星マーク」が付く一風変わった芸名は、所属する芸能事務所の社長が「唯一無二の存在になれるように」と名付けてくれたものだという。

大学在学中は栄養学や保育学を熱心に勉強していたという彼女は、夢だったグラビアの世界に飛び込んだ。

「小さな頃から、ずっとグラビアの世界に憧れていたんです。3歳上の、大の仲良しの兄がいて、兄が読む少年誌のお古を貰っては当時の人気グラビアアイドルさんが掲載されている巻頭ページを切り取って、自分でこっそりスクラップブックに収集してました。そこまでしている女の子ってなかなかいないと思うんですけどね(笑)」

当時は「グラビアの世界で活躍したい」という特殊な夢を、周囲に打ち明けることはできなかったそうだ。

そんな☆HOSHINOさん転機が訪れたのは、芸能事務所への所属が決まった時のこと。所属後、すぐに人気少年誌の単独表紙に抜擢されたのだ。

ある日を境目に、周囲の視線が変化

「家政系の女子大学に通っていたので、当時は家庭科の勉強ばかりしていて。『花嫁修業』になりそうな家事スキルを毎日磨いていたのですが、人気グラビア誌の表紙に登場させてもらったその日から、人生が大きく変わりました。女子大の友達からは『え~! 雑誌に出てるじゃん』って言われて。私はようやく念願のお仕事ができ、スタートラインに立てたことが本当に嬉しくて」

大学卒業後も芸能の道一本で進んでいくことに、迷いはなかったのだろうか?

「正直ありましたよ。大学の友達は結婚したり、学校で学んだ栄養学や保育学を生かした仕事をしたりするなか、自分は不安定な芸能界を選んで…。でも、『人と比べないようにしよう』って、ある時に決めたんです。

だから、私はSNSをやっているんですけど、自分がフォローする人はゼロにしたんです。友人や同業者の子達の投稿は気になるけれど、タイムラインで他の子達の仕事ぶりを見てしまったら自分が焦ってしまいそうなので。影響されないように…」

「あえて他の人の情報を入れず、自分と向き合う方法を探っているんです」、そう言って笑う彼女は少しだけ大人びた表情になった。

1/3ページ

最終更新:7/5(金) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事