ここから本文です

米国の品質調査で韓国車がトップ3を独占、その理由は?

7/6(土) 12:08配信

WIRED.jp

最も信頼できるクルマをつくっているのは、どの国の自動車メーカーだろうか──。クルマの一般的な購入者にそう尋ねたら、答えは恐らく、最初が日本、続いてドイツ、米国、韓国になるだろう。ところが、J.D. パワーの今年の米国自動車初期品質調査(Initial Quality Study: IQS)によると、この答えはすべてハズレである。

【画像】米国の品質調査で韓国車がトップ3を独占

J.D. パワーで自動車の品質調査を監督するデイヴ・サージェントは、「ほぼ逆の順位です」と説明する。この順位の推移は、自動車メーカーが主に技術上の2大トレンドをうまく取り入れているかにかかっている。そのトレンドとは、インフォテインメントの画面を増やすこと、そして運転支援システムを高度にすることだ。

自動車初期品質調査の順位は、新車購入から3カ月経過したユーザーが指摘した不具合の数を基にしている。クルマ100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100 vehicles = PP100)を調べたところ、ヒュンダイ(現代自動車)の高級ブランド「ジェネシス」が63(63PP100)で第1位となった。その次にキア(起亜自動車)、ヒュンダイが続き、トップ3を韓国ブランドが独占した。

日本ブランドの順位は米国車の下

第4位から6位は米国のブランドが占めた。フォード、リンカーン、シボレーである。日本のレクサスとトヨタ自動車は米国車のあとだった。こうしたブランドはすべて、業界平均の93PP100より高品質を示すスコアを獲得している。平均より低品質と評価されたのは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ボルボ、フォルクスワーゲンなどの欧州ブランドである。

下位はランドローバーのあと、ジャガーが最下位だった。この2つのクルマのメーカーであるジャガーランドローバーは、インドのタタ・モーターズの傘下にある。ジャガーランドローバーの広報担当者は、今回の結果について次のように説明している。アップルの「CarPlay」や「Android Auto」の導入によってインフォテインメントに関する不満の声が減ったので、スコアは改善に向かっているというのだ。

メルセデス・ベンツの販売代理店は、J.D. パワーの調査は「クルマのオーナーのすべての経験を反映してはいない」が、販売方法を「微調整」するには役立つと話している。

この結果の発表後、フォルクスワーゲンの広報担当者は、販売から数カ月で5件のリコールがあった「ジェッタ」について、次のようにコメントしている。「今回の順位は、ジェッタの発売時の問題が相当に影響しています。この問題を解決すべく総力を挙げているところです。なお、インフォテインメント・システムに関しては、当社は業界平均よりもかなり上です」

1/3ページ

最終更新:7/6(土) 12:08
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事