ここから本文です

イドリス・エルバ、黒人のジェームズ・ボンドを望まない人々の声に「がっかり」

7/6(土) 22:40配信

エスクァイア

イドリス・エルバがダニエル・クレイグの後を継いで、「007」を演じることはおそらくない気がします…現段階では。

【 写真集 】歴代ジェームズ・ボンド6人の俳優格付け

 映画「007」シリーズの次回作、『BOND 25』(仮題)に関する新しい断片的な情報が2019年6月に出回っていました。

 その中には、選考漏れしたプロジェクトの名前などが含まれていました。そして、私たちはこれまでに何度も話題になってきている事柄…つまり、イドリス・エルバが次のジェームズ・ボンド役に起用されるかどうかという話題も再び触れていたのです。
 
 最近エルバは、ジェームズ・ボンドを務めることにさほど惹かれておらず、黒人俳優が演じるジェームズ・ボンドなど絶対に許容できないと言う人たちからの反応に、「がっかり」しているとコメントしています。また、「必要もないの自分自身を難しい立場におくような真似」はしたくないとも述べていました。ただし、だからといって彼がボンド役にまったく魅力を感じていないわけでもないでしょう。 
 
「ジェームズ・ボンドというのは、やりたがっている俳優が非常に多く、誰でも知っており、とても愛されている役柄。観客をものすごい冒険の旅に連れて行くキャラクターです」とエルバは、『ヴァニティ・フェア』誌に語っていました。

 また、「もし、誰かから『ジェームズ・ボンドを演じてみたいか?』と尋ねられたら、『もちろん!』と答えるだろうね。ボンド役はとても魅力的さ。でも、それは私がはっきり口にしたことではない…つまり、『ああ、私は黒人のジェームズ・ボンドになりたい』ということではありません」とエルバは続けてコメントしています。

 エルバはボンドについて話をするのが好きではないものの、彼は映画製作などオペレーションの観点から、「黒人のジェームズ・ボンドというのはナンセンスなものではないのでは」という意見を強調していることが、『ヴァニティ・フェア』の記事では指摘されています。

1/2ページ

最終更新:7/6(土) 22:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事