ここから本文です

イドリス・エルバ、黒人のジェームズ・ボンドを望まない人々の声に「がっかり」

7/6(土) 22:40配信

エスクァイア

 また、「私たちが話をしていることは、あくまでもジェームズ・ボンドのことです」とエルバは言います。そして、「ボンドというキャラクターは、謎めいたほうが魅力的ではありませんか…」とエルバはコメントしています。 
 
 しかしエルバは、「黒人のジェームズ・ボンドという考えそのものへの拒否反応を示す一部の人たちの病的な反応」のせいで、彼自身ボンド役を引き受けたくなくなってしまったことも伝えています。それは物事が順調に進んでいる最中であるのに、反対している人が少しでも存在しているシナリオの中に自分を身を置くことへの不安からに違いありません。そんな状況は遠慮したくなる理由は理解できます。 
 
「世代的なものでしょうが、『そんなものはあり得ない』と言う方がいることを知るとがっかりするものです。その理由も、私の肌の色での判断なのですから…そんなときにもし私がボンド役を引き受けたとします。それが成功しても失敗しても、結局はまた肌の色が理由となるでしょう。いずれにせよ、私は必要もないのに自分自身を難しい立場に置くことになるのです」と、エルバは語りました。 
 
 今後イドリス・エルバは、ダニエル・クレイグ後任候補リストから名前が完全に外れることが予想されます。ですが、それはエルバにとって良いことに違いありません。ストレスを抱えながらボンド役を演じるのは、エルバの俳優人生に良いことなどありません。さらに、このこと自体に悩むことこそ大きなストレスになっているでしょうから...。

2/2ページ

最終更新:7/6(土) 22:40
エスクァイア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事