ここから本文です

「元ジャニ俳優の色恋営業に300万貢いでしまいました」ファン女性の献身に彼は「自己満でしょ?」

7/6(土) 22:15配信

文春オンライン

「彼とのお付き合いが長く続いてほしいと思うあまり、言われるがままにたくさんのものを買ってあげてしまいました。8カ月間で約300万円になります。でも、最終的には『自己満でしょ?』と言われて、本当にショックでした」

【画像】髙橋から送られてきたLINEメッセージ

 こう語るのは、20代女性のA子さんだ。彼女が交際していたのは、元ジャニーズJr.で現在は大手芸能事務所「ホリプロ」に所属する、俳優の髙橋颯(ふう・21)。

「岸颯(きしふう)シンメ」と呼ばれる人気メンバー

「颯くんはジャニーズJr.時代、現在King & Princeの岸優太くん(23)とともに『岸颯(きしふう)シンメ』と呼ばれる人気メンバーでした。これはSexy Zoneのバックダンサーについた2人が、シンメトリー(左右対象)の立ち位置で踊った姿が格好良くて話題になり、ファンが名付けたニックネームです。雑誌『WINK UP』の『最強コンビだと思うJr.』の東京ランキングで、2012年から2年連続で1位に選ばれています」(芸能プロ関係者)

 髙橋は2011年にジャニーズ事務所に入所。ヘッドスピンなどブレイクダンスが得意な、人気のジャニーズJr.だった。ドラマ出演など俳優としても活動していたが、2017年にジャニーズを退所。同年7月に他の元ジャニーズJr.らとダンスボーカルユニット「ANTIME(アンティム)」を結成し、インディーズで活動を始める。

初めての連絡はインスタグラムのDM

 ANTIMEがリリースした2枚のEPは、いずれもiTunes総合アルバムチャートで2位を獲得するなどの人気を見せたが、2018年7月で活動を休止し、今年5月にはグループは解散を発表。その3日後の6月3日、髙橋は「6月1日より株式会社ホリプロでアーティスト・俳優としてお世話になることになりました」と公表したのだった。2020年1月には舞台「デスノートTHE MUSICAL」に、以前に小池徹平(33)が演じたL(エル)役で出演が決定している。

 冒頭証言のA子さんは、たびたびANTIMEのライブイベントなどに参加していた。

「私はジャニーズJr.時代はもちろん、ANTIME結成当初から颯くんのファンでした。都内のイベントだけでなく、地方にも遠征していました。初めて颯くんとプライベートで連絡を取ったのが2017年12月17日。インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)でした。イベントの際に保湿用の濡れマスクを差し入れたのですが、『濡れマスクありがとう!重宝します(笑)』とDMでの返信があったのです。普段から一方的に送っていたDMが急に返って来るようになりました」(A子さん)

1/3ページ

最終更新:7/7(日) 6:12
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事