ここから本文です

「天気の子」で主人公に抜擢の醍醐虎汰朗「最初は下手くそと言われたらどうしようとか、くだらないことをたくさん考えた」【「天気の子」連載】

7/6(土) 5:00配信

ザテレビジョン

「君の名は。」(16年)が記録的大ヒットとなった新海誠監督の最新作「天気の子」(7/19金公開)。離島から家出して東京にやってきた少年と不思議な力を持つ少女の恋を描いた本作で、2000人を超えるオーディションの中から主人公・帆高の声に選ばれたのが、これが声優初挑戦となる醍醐虎汰朗だ。

【写真を見る】「天気の子」で声優に初挑戦する醍醐虎汰朗

――オーディションに受かったと聞いたときの率直なお気持ちは?

最初は信じられませんでした。しかも、受かったと聞いたのがちょっと落ち込んでいるときだったので、じわじわと喜びが沸いてくる感じでした。でも、それでもまだ信じられない気持ちの方が強くて、発表記者会見のときになってようやく本当に僕に決まったんだと実感することができました。

――「天気の子」は新海監督にとって3年ぶりの新作となります。とても注目度の高い作品だと思いますが、プレッシャーはなかったですか?

最初は、もし失敗したらどうしようとか、下手くそと言われたらどうしようとか、そんなくだらないことをたくさん考えていたんですけど、そんなことより、帆高を一生懸命に生きることが僕の仕事だと強く認識してからは、プレッシャーはなくなりました。

――醍醐さんが演じられた帆高の印象を教えてください。

帆高はいい意味でも悪い意味でも真っすぐな男の子だと思います。頭の中ではいろいろ考えているけれど、実際に何か起きたときには感情で動くタイプなのかなと。あと、すごくピュアでかわいらしくて、愛情にあふれているところはステキだなと思います。

――帆高は感情で動くタイプということですが、醍醐さんにもそういうところが?

僕も”思い立ったら吉日”みたいなところがありますね。芸能界に入るときも、友達から「やってみれば」と言われて、その日に応募しましたから(笑)。決断は早い方だと思います。

■ 新海監督は高校生くらいの感性を持っていらっしゃるんじゃないかと

――新海監督の作品は以前からご覧になられていたということですが、その印象は?

風景の描写が新海さんにしかできないものになっていると思います。あと、アニメーションなんだけど、登場人物たちの掛け合いがとても現実的で、人間の切ない微妙な感情を描くのがとても上手な方という印象があります。

――今回、新海監督とお仕事をされて、印象に残っていることを教えてください。

すごく優しい方で、アフレコが終わった後に「今日はお疲れさま。すごくステキでした。明日も楽しみにしているからね」というメッセージを必ず送ってくださるんです。それを見ると明日も頑張ろうと思えるし、新海さんといるとよどんだ感情が浄化されて、穏やかで爽やかな心に変化するのを感じます。

――新海さんはとてもピュアな方なんですね?

個人的にはまだ高校生ぐらいの感性を持ってらっしゃるんじゃないかと。その新海監督のピュアな感じと恋愛の価値観みたいなものは作品にも表れていると思うし、だからこそ等身大の僕らが見てもキュンキュンするんだと思います。

――陽菜を演じられた森七菜さんの声の印象は?

透明感がすごいなと思いました。耳心地のいい声というか、すっと耳に入ってくるんですよね。七菜ちゃん以外の人が陽菜だったら、僕はここまで帆高を演じられてなかったと思うし、一緒にやることで帆高というキャラクターを成立させてもらえた部分もあるので、今は七菜ちゃん以外の陽菜は考えられないですね(笑)。

■ 僕なんかで天気が変わるわけがないと思ってしまう(笑)

――陽菜は“祈る”ことで空を晴れにできる不思議な力を持っている女の子です。醍醐さんは“晴男”と“雨男”のどちらかでいえば、どちらでしょう?

わりと大切な日に雨になることが多いかもしれないけど、僕自身としてはどっちでもないと思っています。ちょっとひねくれているので、僕なんかで天気が変わるわけがないと思ってしまうんですよね(笑)。

――では、この日は晴れてほしい、雨が降ってほしいと思った経験はありますか?

運動会の前に体育の授業で行進練習とかがあるじゃないですか。でも、雨が降ったら体育館でドッチボールになるので、雨降れ、雨降れと思っていました。逆に、僕は部活でずっとサッカーをやっていたんですけど、雨の日は体幹を鍛える練習をひたすらやることになるので、それがイヤで晴れろ、晴れろと思ってました(笑)。

――帆高は東京に来てから怪しげなオカルト雑誌の仕事を手伝うことになりますが、醍醐さんはオカルト的な現象を信じますか?

信じないですね。実際に自分の目で見ない限り信じたくないので。だから、催眠術とかも信じてないんですよ。実際に自分がかかってみたら信じると思うけど、なんか非現実的な感じがするので、信じられないんですよね。

――「天気の子」が公開されたら、さらに注目を集めることになると思いますが、今後どういう俳優になっていきたいと思いますか?

僕は求められる場所があるのならば、基本的になんでもやりたいと思っています。

特にチャレンジしたいのは映像作品ですが一つ一つ与えられた役柄を丁寧に演じた結果、将来的に思い描いている一流の役者になっていればうれしいです。

――演技の勉強のために何かされていることがありますか?

いろんな映画やドラマを見て、人の芝居を研究することは多いです。でも、最近はいろんんな現場に行かせていただいて、そこで出会った偉大な先輩たちから教わるのが一番成長できるなと感じているので、これからもそういったステキな出会いを大切にしていきたいと思います。

――では最後に、プライベートでハマっていることはありますか?

今はスーパー銭湯ですね。最近、自動車の免許を取ったので、夜に友達数人と車を走らせてスーパー銭湯に行っています。サウナに入って、水風呂に入って、というのを繰り返しているとリフレッシュができて、ものすごい息抜きなっています。

●プロフィール

だいご・こたろう=2000年9月1日生まれ、東京都出身。

ドラマ「先に生まれただけの僕」(2017年日本テレビ系)、舞台「弱虫ペダル」主演、演劇「ハイキュー!!」秋新作公演で主演。

(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

最終更新:7/12(金) 20:06
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事