ここから本文です

1番人気が強いプロキオンS。 だが今年は差し馬の中に逆転候補がいる

7/6(土) 5:57配信

webスポルティーバ

今週末、ダート重賞のGIIIプロキオンS(7月7日/ダート1400m)が中京競馬場で行なわれる。

【写真】七夕賞で狙える「穴馬」

 同レースの舞台が中京に移ったのは、2012年。過去7回のレースで、1番人気は2勝、2着2回、3着2回、着外1回と、軸としては安定した成績を残している。

 それでも、3連単は2016年を除いて、すべて万馬券。2012年には、12番人気のトシキャンディが大金星を挙げ、4番人気のアドマイヤロイヤルが2着、1番人気のファリダットが3着に入って、3連単は30万円オーバーの高配当となった。

 こうした傾向からして、1番人気+人気薄の伏兵といった組み合わせが、このレースで好配当をゲットするための有効な手段かもしれない。

 今年の1番人気は、おそらく昨年の覇者であるマテラスカイ(牡5歳)だろう。だが、日刊スポーツの松田直樹記者は、同馬に対して懐疑的な目を向ける。

「圧巻の逃げ切り勝ちを収めた昨年のマテラスカイは衝撃的でした。レコード勝ちとなった1分20秒3という時計は、芝のオープンでも勝ち負けになる走破タイムです。今年も2週前、1週前と、栗東の坂路で"らしさ"を見せる、4ハロン50秒台の猛時計を連発。連覇に向けての調整は、まさに順調といった雰囲気にあります。ただ......。

 ドバイ遠征(3月)帰り、というのが引っかかります。今年、ドバイに遠征した10頭のうち、帰国後に日本のレースを走った4頭は、すべて未勝利に終わっているからです。それも、アーモンドアイ、レイデオロ、スワーヴリチャード、ノンコノユメと、各部門でトップレベルに位置する馬ばかりで、それらすべてが負けている事実は重いです。

 ちなみに、14頭が出走した昨年も、帰国初戦で重賞を勝ったのは、ドバイターフ(UAE・芝1800m)で3着のあと、GIIIクイーンS(札幌・芝1800m)を圧勝したディアドラだけです」

 マテラスカイの能力は認めつつも、勝つまでには至らない――そんな松田記者の見解に乗るならば、マテラスカイを2、3着と考えた組み合わせで勝負するのが面白そう。では、逆転候補となるのは、どんな馬か。松田記者はこう語る。

1/3ページ

最終更新:7/6(土) 5:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事