ここから本文です

交流戦で感じた西武打線の迫力【立浪和義の超野球論】

7/7(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

紙一重の差

交流戦で本調子ではなかった山川だが、それでも、ここぞの一発でチームに貢献した

 セ・パ交流戦が終わりましたが、今年も優勝は交流戦に強いソフトバンク。柳田悠岐選手らケガ人も多い中で、圧倒的な強さはありませんでしたが、投打がかみ合い、さすがと思わせる戦いでした。

 そして、これは残念なことではありますが、今年もセ・リーグは巨人、DeNA以外がすべて負け越しという結果になっています。

 大きかったのは、5月を20勝4敗と勝ちまくり、セの首位で交流戦に入った広島の低迷ですね。チーム打率.216が響いたことは確かですし、いろいろな分析もできると思いますが、私は紙一重の戦いが多かったなと思って見ていました。これは点差という意味ではなく、大事なところで粘れなかったり、あと1点欲しいところで取れなかったりという誤算です。これが積み重なっての最下位だったように思います。

 広島は、昨年も交流戦では負け越していますし、日本シリーズではソフトバンクに完敗でした。選手の中に、少しだとは思いますが、パへの苦手意識があったはずです。それが実際に結果が出ず、負けが込んでいく中で、さらに歯車が狂っていった気がします。

 ただ、交流戦期間中、ほかのセ球団が・・・ 本文:1,132文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/7(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る