ここから本文です

日本人の口臭 「最も臭うのは中高年女性」という調査結果

7/7(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 日本では、どんなひなびた宿であっても、歯ブラシが備え付けられていると驚かれる。世界的に見ても、そんな国はなかなかない。

【表】衝撃!これが性別、年代別の「口臭におう人」の割合

 だが一方で、日本人の口臭はまさに“鼻つまみ者”だという調査データが報告されている。在日外国人のうち、約7割が日本人の口臭にガッカリした経験があるというのだ。(*1)

(*1)オーラルプロテクト・コンソーシアムが2015年に実施した調査。約7割が日本人の口臭にガッカリした経験があり、口臭を感じるシチュエーションの1位は「公共交通機関(電車・バス・タクシーなど)」と回答。

 その背景には、日本の治療制度にあると、歯周病専門医の若林健史さんは言う。

「日本の場合、国民皆保険の制度により、虫歯になっても最低限の治療費で治せます。一方のアメリカでは、治療費が高額なため、予防治療への意識が高い。“フロスorダイ”、つまり“フロスをするか死ぬか”というキャッチコピーが浸透しており、デンタルフロス使用率は8割にも達します」(若林さん・以下同)

 5月に発表された最新の『口臭白書2019』(*2)では、いくらまめに歯磨きをしても、日本人の口臭が解消しない実態が明らかになった。

(*2)全国47都道府県4700人を対象とした口臭ケアに関する意識調査と、口臭測定器を用いて首都圏214人を対象とした口臭レベルの実態も調査。歯周病専門医の若林健史さんと歯科医療総合商社のモリタ、生体ガス測定システムのパイオニア企業のタイヨウからなるプロジェクトチームによる。

 たとえば、歯磨き頻度が1日2回以下の人で、口臭測定値が「周囲の人が気になる口臭レベル」を示す50以上の人の割合が12%なのに対し、3回以上の人は14.2%となり、歯磨きが3回以上の人は、2回以下の人に比べて口臭が強いというデータが。つまり、歯磨きをこまめにする人の方が、しない人に比べて、口臭が強いというのだ。

 口臭は、いわゆる喫煙や食べたものが原因となることもあるが、それ以外では、病的口臭と生理的口臭の2種類の原因があると若林さんは言う。

1/2ページ

最終更新:7/7(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事