ここから本文です

BABYMETALライブ出演で大反響 今こそ改めて伝えたい 鞘師里保5つのスゴさ

7/7(日) 19:00配信

エンタメNEXT

先週6月28日、BABYMETALが横浜アリーナ公演で単独ライブを開催。YUIMETAL脱退後、2人+サポートダンサーを加えた新体制で活動していた彼女たちが、3人でステージに登場した。その3人目はなんと元モーニング娘。で、SU-METALと広島アクターズスクールでしのぎを削った仲間・鞘師里保。突如現れ、各方面のアイドルファンをざわつかせた彼女は何者なのか? あまり知らない方のために、改めて鞘師里保のことを5つのキーワードとともに紹介する。

【関連写真】ブランクを感じさせない圧倒的パフォーマンス 3月にひなフェスに登場した鞘師里保

◆モーニング娘。久しぶりの新メンバー

鞘師がモーニング娘。に加入したのは2011年1月2日。当時はAKB48やももいろクローバーの登場でアイドル界が盛り上がっていたものの、モーニング娘。らハロプログループのメディアへの露出は減っていた。しかしコンスタントにライブを続け、圧倒的なパフォーマンス集団へと成長。それまでに比べて歌・ダンスともに難易度の高い楽曲が増えていた(ファンはこの時期を“プラチナ期”と呼んでいる)。

そこに約4年ぶりの新メンバーとして加入したのが、鞘師を含めた9期メンバーの4人。このオーディションの模様はテレビ番組で放映されており、すでにそこで彼女は高いダンス力を見せていたため、ファンも納得のメンバー入りだった。

とはいえ、その頃の鞘師は小学6年生。当時のリーダー・高橋愛とは10歳以上離れており、誰もがグループがどう変化していくのか、不安と期待が入り混じった思いで見守っていた。しかし、この加入がモーニング娘。を確実に変えていくのだった。

◆グループを変容させたパフォーマンス力

度肝を抜かれたのは、加入して最初のライブツアーだった。現在も人気の楽曲「Moonlight night ~月夜の晩だよ~」を、鞘師は大先輩の高橋、新垣里沙と3人でパフォーマンス。幼さはあるものの、プラチナ期を牽引した2人と並び立ち、引けを取らない歌とダンスを堂々と披露。特にダンスでは、先輩たちを自分が引っ張ってやろうという気概すら感じた。これが新しい時代の幕開けだった。(このパフォーマンスはDVD&Blu-ray『モーニング娘。コンサートツアー2011春 新創世記 ファンタジーDX ~9期メンを迎えて~』に収録)。

その後、2012年にリリースされた「恋愛ハンター」からはEDM路線の楽曲が増え、2013年の「Help me!!」からはフォーメーションダンスが話題に。ハロプロの要とも言える歌はもちろん、ダンスにも力を入れたパフォーマンスへとシフトしたことは、確実に鞘師の加入が大きい。彼女がグループに入ったことがその空気感だけでなく、楽曲のテイストまでをも変えていったのだった。

1/3ページ

最終更新:7/7(日) 19:00
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事