ここから本文です

「エコノミー」でもっとも快適な座席とは?

7/7(日) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

頻繁に飛行機に乗る人でなければ、飛行機の座席の選択に迷うかもしれません。

たとえば、最近スコットランドまでのフライトで、「エコノミー・プラス」の乗客には、その数列前の「プレミアム・エコノミー」の乗客に提供される上質なブランケットと枕などが提供されないので、肩を落としている人を見ました。

【画像】「エコノミー」でもっとも快適な座席とは?

「エコノミー・プラス」の乗客の女性はどちらの座席も同じだと思ったので、数列後ろを予約しただけで不当な扱いを受けているように感じたのです。

「同じくらいの料金を払ってるんですけど?」という怒りに満ちた声を何度かあげていました。しかし、この女性は間違っています。

実際は、「プレミアム・エコノミー」の乗客は、このようなちょっとした豪華さのためにもっと多額のお金を払っています。かなりです。

普通のエコノミーの乗客が「なんで真ん中の席なの?」と苛立つことほどよくあることではありませんが、このような怒りを感じている乗客は一人ではありません。

エコノミープラスとプレミアムエコノミーの違いは?

先日「Conde Nast Traveler」で、この2つの座席の料金の違いについて噛み砕いて説明していました。

エコノミー・プラス

エコノミー・プラスは、実際に主要なすべての航空会社で提供されている、足元が少し広い座席です。

飛行機の前方に位置しており、エコノミー・プラスの乗客は他の座席の乗客よりも先に搭乗できることが多く、少しいい軽食(ちょっといいグラノーラバーやバナナ)が提供されたり、国内線でも飲み物が無料だったりします。

エコノミー・プラスと普通のエコノミーの料金は、フライトによって異なりますが、2,000~3,000円から国際線では数万円も違うことも。

エコノミー・プラスにアップグレードしたい場合は、ゲートでも頼めることがよくあります。エコノミー・プラスの座席に余裕があれば、事前に座席を予約したり、チェックインする時にアップグレードするよりも安く済むこともあります。

1/2ページ

最終更新:7/7(日) 9:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事