ここから本文です

「新世紀エヴァンゲリオン」の世界観は、この2019年とも深く通じるものがある

7/7(日) 14:12配信

WIRED.jp

「新世紀エヴァンゲリオン」の世界観は、2019年という「いま」と深く通じるものがある。

Netflixは日本アニメで「世界市場」を攻める

人類は世界の終末を待っているわけではないし、それに抗って戦おうとしているわけでもない。なぜなら、世界はすでに終わっているからだ。わたしたちは壊れた世界の片隅で生きている。できるのは、せいぜい事態をこれ以上悪化させないようにすることくらいしかない。

ここでは「わたしたち」と書いたが、作品に登場するのは思春期の不安定な少年少女と、「特務機関NERV」という謎に満ちた組織で働く大人たちだ。14歳の子どもたちは、エヴァンゲリオン(EVA)と呼ばれるロボットのような“生命体兵器”のパイロットになる訓練を受けている。

主人公はNERVの最高司令官である碇ゲンドウの息子の碇シンジで、作品のテーマはシンジのトラウマと心の葛藤だ。シンジは幼いころに母を失っている。父親は息子に無関心だ。シンジの心のなかには、EVAを操縦して未知の脅威と戦うことへの恐怖と、誰とも分かり合えないという疎外感が渦巻いている。究極的には現実そのものと格闘しているのだ。

ところがオンラインの世界では、いまや恐怖や疎外感といった感情を味わうことは、ごく普通になっている。そんな時代に、Netflixで「エヴァンゲリオン」のテレビアニメシリーズおよび映画2作品の配信が始まったのだ。

ファン待望の世界配信

テレビアニメは1995年に放映され、劇場映画2本が97年に公開された。ただ、どれも日本以外での入手は困難な状況にあり、公式の英語字幕付きで作品を楽しむことは難しかった。正規版のブルーレイディスクなどは欧米で発売されておらず、作品を英語に翻訳した会社もつぶれてしまったからだ。

このため熱心なファンが作品を観たいと思っても、高値で取引されている古いDVDセットか海賊版のコピーを探すしかない時代が長く続いてきた。こうしたなか、今年になってNetflixで「エヴァンゲリオン」の配信が始まることが明らかになり、再び表舞台に戻ってきたのだ。

こうした歴史的な背景があり、その“宙ぶらりん”な状況に終止符を打ったからこそ、ネットフリックスにはふたつのメリットがもたらされる。ひとつは、熱狂的なファンが望んでやまなかったコンテンツを提供できるということ。そして伝説のアニメを配信したストリーミング大手という称号を得られる、ということだ。

ただ、ここ最近になって思いもよらない別の効果も出てきている。米国のテレビ文化において、これまでほとんど“無視”されてきた「アニメ(Anime=日本のアニメ)」という分野が注目されつつあるのだ。

1/3ページ

最終更新:7/7(日) 14:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい