ここから本文です

“電話で雅子さまの背中を押した”マキシマ王妃と、ブリジット夫人が見せた「G20ファッション」

7/7(日) 6:00配信

文春オンライン

 6月28日、29日の日程で開催された「G20大阪サミット」。会談の場からは少し離れて、各国首脳の妻や夫を迎え、安倍昭恵夫人主催の「配偶者プログラム」が行われていた。

【写真】ブリジット夫人の“マニッシュ”なパンツスーツ

 例えば初日の6月28日。一行は大阪から足をのばして、京都市東山区の東福寺を訪れた。境内を散策したり、緑茶を楽しんだりして初夏の京都の風情を味わったようだ。フランス・マクロン大統領の妻、ブリジット夫人や韓国・文在寅大統領の妻、金正淑夫人など約20人の配偶者たちが参加したという。

ブリジット夫人 ネイビーのシンプルなミニワンピース

 G20サミットに先立って、マクロン大統領夫妻は公式実務訪問賓客として来日した。6月27日には天皇皇后両陛下と会見、昼食をともにしている。この時、ブリジット夫人はネイビーのシンプルなミニワンピースを着こなしていた。ピンヒールパンプスは同じくネイビーで、ゴールドのラインがあしらわれていた。マクロン大統領を出迎えるシーンでは、両陛下とも通訳を介さず、フランス語で和やかに会話をされていたという。

 雅子さまがお召しになっていたライトブルーのスーツとの相性もよく、4人の集合写真は颯爽とした雰囲気だった。マクロン大統領はネイビー、天皇陛下はライトブルーのネクタイで、それぞれの夫妻で色を合わせたのではないだろうか。さりげなく、夫婦関係が垣間見えるコーディネイトだったように思う。

フランスの若者の失業問題や愛子さまのことが話題に

 会見ではマクロン大統領から、G20サミットでは気候変動や貿易、イランなどの問題について議論されることを話すと、天皇陛下は「気候変動はますます重要な問題となっています」と話された。雅子さまとブリジット夫人の間では、フランスの若者の失業問題や愛子さまのことなどが話題に上ったという。

 その日のうちにマクロン大統領夫妻はそろって新幹線で移動。この時のブリジット夫人のマニッシュなパンツスーツは、公式行事のドレスに引けをとらないスタイリッシュなものだった。爽やかなホワイトシャツの上にビッグシルエットのストライプジャケットを羽織り、細身のパンツと美しいバランスをとっているように見える。足元は潔いホワイトとブラックのバイカラーパンプス。ヒールのデザインと2本の細いストラップが印象的だった。

1/2ページ

最終更新:7/10(水) 16:09
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事