ここから本文です

【J1採点&寸評】浦和1-0仙台|興梠がクラブレコードを更新する決勝弾! MOMは攻守に渡った活躍の…

7/7(日) 7:34配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――攻守に存在感を発揮した岩波。クリーンシート達成に貢献

[J1リーグ18節] 浦和1-0仙台/7月6日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
仙台へのスカウティングをピッチに生かした決勝ゴールなど、好調の相手をシャットアウトするゲームを展開。惜しむらくは10人の相手に止めを刺すゴールが欲しかった。

【浦和1-0仙台 PHOTO】浦和のエースが技ありループで決勝点!

  
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
セービングとしての仕事は29分の1回のみ。橋岡をターゲットにしたキックも安定し、崩れる気配はなかった。
 
DF
MAN OF THE MATCH
31 岩波拓也 7.5
相手FWをターゲットにしたボールへの強さがあり、マイボールでは同サイドにも逆サイドにも正確なボールを展開。先制点の起点にもなった。

2 マウリシオ 6
ロングボールに対する強さを見せた反面、ボールフィーリングには危なっかしさも。良さと悪さの両面があった。
  
5 槙野智章 6.5
ビルドアップで適切に高い位置を取って相手を押し込み、長沢へのロングボールでは強さを見せた。72分の危ないバックパスのみ減点材料。
 
MF
27 橋岡大樹 6.5
「高い位置を取ることで岩波が空く」と関口を引き付けるチームの狙いを表現。縦だけでなく中への進出も見せ、攻撃的なプレーが目立った。
8 エヴェルトン 6(19分OUT)
セカンドボールを拾い、左右に散らすプレー。長沢との接触で左肩を痛め、早々に無念の交代となった。

16 青木拓矢 6.5
セカンドボールの回収で優位に立ちチームを助けた。焦れることなく左右にボールを供給した。
 
7 長澤和輝 6.5
シャドーでスタートし、エヴェルトンの負傷でボランチへ。中盤で強度の高いプレーを見せ、仙台にペースを渡さなかった。

3 宇賀神友弥 6
ワイドで待ってサイドチェンジを引き出した。そこからの仕掛けという点で、中と噛み合わない部分もあった。

浦和――興梠の値千金の決勝ゴールでクラブのJ1ゴール数最多記録を更新。

FW
9 武藤雄樹 6.5(58分OUT)
ライン間でボールを引き出し、鋭いターンから興梠のゴールをアシスト。後半に入って自ら交代を要求した。
 
30 興梠慎三 7(86分OUT)
値千金の決勝ゴールでクラブのJ1ゴール数最多記録を更新。シャドーに入った後半は少し良さが消えたか。
 
交代出場
FW
12 ファブリシオ 5.5(19分IN)
チーム最多4本のシュートも枠は捉えず。カウンターを導く好パスもあったが、試合の中で波があった。
 
14 杉本健勇 6(58分IN)
長身を生かしたキープもあり、1トップに入って良い形でクロスに合わせたのが2回。10人の相手に決定機を導きたかった。
 
MF
22 阿部勇樹 -(86分IN)
クローザーとしての投入。中盤で安心感を与えるプレーで1点リードを守り切った。
 
監督
大槻 毅 6.5
準備段階から適切なスカウティングで勝利に導いた。前半にレフェリーへ抗議した姿を、試合後の会見で「見ている人に申し訳なかった」と反省した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:7/7(日) 7:34
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事